つくばフォーク村について

「つくばフォーク村」は、筑波大学芸術系サークル連合会に所属する大学公認のサークルです。活動の主たるものは観客を集めて行うライブとそれに向けた練習です。また大学生活を楽しくする構成員同志の交流活動等です。

ライブについてはアコースティックギターを用いての弾き語りはもちろんのこと、エレキギターやベース、ドラムを用いたバンド演奏も行っています。また長期休暇には小旅行のような合宿を企画し、サークル員同士の親睦を深めています。

構成員は1年生から3年生の学部生のみで、3年生の代替わりを終えると、OBとなり一部のライブを除いてサークル活動には積極的に関わることがなくなります。また大学から楽器を始めた者も多く、初心者でも気軽に入村できます。


具体的な活動内容

ミーティング

曜日: テスト期間や長期休暇を除いた平日、火曜日と金曜日
時間: 18:30~
場所: 大学構内『文化系サークル会館3階A室』

つくばフォーク村におけるミーティングのもっとも特徴的なものが「村唄」です。 ミーティングを始める前の45分ほどを使い、つくばフォーク村に代々受け継がれてきた弾き語り集「村唄集」をもとにサークル構成員で弾き語りを行います。 古き良きフォークソングから、近代のポップソング、はたまた大先輩が手掛けたオリジナルソング等、多種多様な音楽をサークルメンバー全員で、アコースティックギターを抱えて大合唱します。 初心者のうちに一人で楽器の練習をするのは心細いものです。 この村唄の時間であれば、楽器の上手な先輩たちに気軽にアドバイスをもらうことができ、また様々な曲に触れることで音楽に対する見地を広げることが出来ます。

ライブ

定期的に行っています。(詳細は村のライブをご覧ください。)
つくばフォーク村のライブは運営、出演すべてをサークルメンバーのみで行っています。ステージに立つパフォーマーはもちろんのこと、ステージの設営や音響を管理するPAオペ、またステージを多種多様に彩る照明や装飾などをすべて自分たちの手で行っています。

練習

ミーティングを行っている文化系サークル会館(通称文サ)やそのA室、また近隣の音楽スタジオなどで練習を行っています。講師などはおりませんが、お互いに意見を交わし切磋琢磨し合いながら日々、ライブに向けた練習を行っています。

合宿(今年の開催は未定です)

春、夏の長期休暇中に小旅行のような合宿を行っています。参加は自由です。いわゆる練習合宿のようなものではなくスポーツや観光を目的としたお気楽なものです。そのほか自動車等の免許合宿なども毎年夏ごろに、希望者で企画しています。


主な年間予定
※2021年度は変則的なため、下記の日程が変更される可能性があります。最新の情報は、村の予定表をご確認ください。

<4月>

新入生歓迎ライブ等

新入生に向けたイベントを多数開催します。詳細は新歓期に特設されるページに掲載されます。

<5月>

め~らいぶ

5月に新しくできたライブです。

やどかり祭

野外ステージライブやラムネなどを販売する出店の運営をします。

<6月>

つゆフェス

2017年にできた6月ライブです。村民生活に慣れてきた1年生が出演することもあります。

<7月>

フェス

新入村民がやりたいバンドのやりたいパートを決めて、それ以外のパートに先輩たちが入ってバンドを結成し、数ヶ月の練習を経て、お披露目するライブです。

<8・9月>

サマフェス

真夏に行われる熱いライブです。

OBコン

村を引退したOBのみが出演することの出来るライブです。

その他にも、スポーツを楽しむ体力強化合宿、観光地や温泉を巡りつつ、バンド演奏をする夏合宿、免許をとりたい人達で行なう免許合宿があります。

<10月>

The Autumn Live

秋に行われる弾き語り限定ライブです。

<11月>

雙峰祭

教室を用いたライブハウスでの室内ライブやユナイテッドステージでの野外ライブを行います。

代替わりライブ

3年生の引退ライブです。

<12月>

0(ラブ)ライブ

2年生が主体となる代替わり後初のライブです。

<1月>

寒フェス

真冬に行われる熱いライブです。

<2月>

<3月>

さわやかコンサート(さわコン)

1年生のみで運営・出演するライブです。

熱中唱

大学会館のホールで行う、弾き語り限定ライブです。

その他にも、観光したり、温泉を巡ったりする春合宿があります。