----------

About us 活動内容

サークル概要

私たちフォルクローレサークル南(スール)は、図書館情報大学フォルクローレ愛好会、図書館情報専門学群フォルクローレ愛好会を前身として筑波大学春日キャンパスを中心に活動しているサークルです。 「南」はスペイン語で南を意味する「スール」と読みます。 これは私たちの活動場所である春日キャンパスが筑波大学内で南側に位置していることに由来しています。

南アメリカのアンデス地方を中心とする様々な民族が長い歴史の中で育んできた文化、特にその音楽に重点をおいてそれに親しみ、実演し、楽しむことを目的に活動しています。 いままでフォルクローレを知らなかった人も、「コンドルは飛んで行く」という曲を聴いたことがあるのではないでしょうか。 この曲はまさに南アメリカ、ペルーで作られた曲です。 他にもフォルクローレに含まれる曲は国や民族によって無数に存在します。

現在、本サークルには1~4年生まで15人以上のサークル員がおり、学年ごとにコンフント(1単位の演奏グループ)を形成して日々練習しています。 毎年11月に行なわれる学園祭や3月に行われる定期コンサート(旧合同コンサート)では、筑波大学フォルクローレ愛好会の方々と共に、一般の方を招き、日ごろの活動の成果を披露しています。 また、コンサート以外にも、年何回かの合宿やお楽しみ会が催されています。

演歌が、今多くの外国人に親しまれているように、知らない国の音楽を聴いて心地よく感じるのは何も不思議ではありません。 音楽を聴いて温かいと感じたり懐かしいと感じたりする気持ちに国境などないからです。 あなたも南アメリカの文化に少し触れてみてはいかがですか?

△ページトップへ

サークル活動日

曜日時間活動場所
19~21時7A103
19~21時7A103

演奏会が近づくと、夕方に7A棟の教室を使った自主練習もしています。

  

サークルの様子

△ページトップへ

年間活動予定

内容
4新入生歓迎イベント(新歓祭、お花見、新歓コンサート)
5新入生歓迎コンパ、つくば芸術祭
6フォルクローレコンサート@アルスホール、
春の定期演奏会(交流会主催)
7
8
9夏合宿
10
11中南米民俗音楽レストラン@雙峰祭(筑波大学 学園祭)
12冬の定期演奏会(交流会主催)、
クリスマスコンパ
1
2定期コンサート(筑波大学フォルクローレ愛好会と共催)
3アミーゴス(現役生、OB・OGの交流会)、
追い出しコンパ、
春合宿(筑波大学フォルクローレ愛好会と合同実施)

これ以外にも依頼受けて様々なところで演奏もしています(中学校、パーティーなどなど)。興味のある方はメール(HOMEの右下参照) でご連絡ください。

△ページトップへ

「交流会」とは?

関東にあるフォルクローレのサークルがある大学のうち、慶応大、清泉女子大、専修大、筑波大、東大、日本大、日本女子大、東京造形大の8校(2017年1月現在)で構成されているのが「関東学生交流会」つまり、「交流会」です。 年間の主な活動としては、春と冬の定期演奏会、夏の交流キャンプ、3月には各大学有志による「アンデス民族音楽のしらべ」という合同コンサートなどがあります。

<<サークル員へ>>
交流会の行事は他大学の方の演奏を聴けたり、コンサートやその他イベントの情報などを入手できたり、また何よりも他大学の人との交流の幅を広げられたりする貴重な場です。 みなさん、積極的に行事に参加して自分の世界を広げてください。

△ページトップへ