フェアリング班活動報告 & 土浦花火大会

はじめまして、フェアリング班です!

私たちフェアリング班はコックピット周りのパイロットを保護する部分(写真参照)を主に製作しています。
他チームに比べて塗装が鮮やかで、それ故に機体の顔になる部分と自負している節があります。(笑)

つくば鳥人間の会はTF用・本番用と2回製作を行うのですが、今年度は1年生の製作練習を兼ねてTF用のα版として模型製作も行っています。

模型は30%の大きさで図面から1年生に出してもらいました。まだ製作途中なのですが、完成がとても楽しみです!!

 

ところで、先週の土曜日に土浦全国花火競技大会の観覧に行ってきました!

つくば鳥人間の会では毎年10月の第一土曜日に行われているこの花火大会に行くのが恒例行事となっています。

実は日本三大花火の1つで日本全国からお客さんが集まってくる大きな大会なのです。18代・19代合わせて16人という大所帯で行く花火大会は賑やかで楽しかったです。

今年も、間近な席で落ちてきそうなほど大迫力の花火を眺めることができ、終始その美しさに圧倒されっぱなしでした。

 

来年の今頃は引退しているのかと思うと身が引き締まりました。

花火と同じくらい、多くの人の心を惹きつける美しいフェアリングを作りたいと思います!笑

フレーム班パイプ焼き!

こんにちはフレーム班です!

フレーム班は主に機体の胴体・車輪・駆動系(パイロットが漕ぐペダルの回転をプロペラに伝える機構)などを製作しています。
製作パーツが多種多様に渡るため、幅広い材料・製品・加工法を学べるのが特徴!
衝撃に強くて軽いフレームを目指し、カーボン・金属・木材を、切ったりやすったり接着したり…一番「大工職」っぽい格好いい班です!(女子にモテるとは言ってない)

 

さあそんなフレーム班ですが、今年の夏もやっておりました!パイプ焼き!!

 

なんと機体に使うCFRP(炭素繊維強化プラスチック)パイプを学生でありながら自分達で作るのです!
その最大のメリットは安さと軽さ!
時間はかかりますが、ながーい大学休み&貧乏な僕達には持って来いだったりします・・・・・・時間はかk(略)。

つくば鳥人間の会TBWでは一昨年からパイプ焼きを導入しました。
パイプ焼きの作業工程は長く、フレーム班の人数が少ないTBWでは例年、時間が空いている他班の人にも手伝ってもらっています。ありがたやm(_ _)m
半屋外である作業場「図下」での、より早くより確実な製法を求め、今日も僕達はパイプを焼き続けるんだ!(鼻血)
そんな中、3年目の今年、パイプ焼きの作業員に新たな仲間が加わりました!

紹介します、シュリンクちゃんです↓
可愛いですね。
彼女のおかげで、パイプ焼きの重要な製造工程の一つである「シュリンクテープ巻き」が最悪2人でも行えるようになりました!やったね!(吐血)

さて、この夏行ったのはコックピットに使う3本のパイプ焼きです!
秋TFが終わって間もない9/14にパイプの素となるプリプレグが届き、そこから9/16にテストパイプ,9/23にコクピ後パイプ,9/30にコクピ下パイプ,そして授業も始まった10/6の夜からもコクピ前パイプ を焼きました!(ちなみに夏休み中のパイプ焼き以外のほとんどの日も翼班主導でカーボンシートを焼いていたなんて言えない…)

 

アルミパイプにプリプレグを積層し、シュリンクテープも巻いてヒーターを通し、毛布でくるんで熱して(←だからパイプ「焼き」)4時間…。

今年も元気なパイプちゃん達が産まれました!↓
↑テストパイプ

↑後パイプ

↑のり巻き

↑前パイプ

忙しい中手伝ってくれた18・19代のみんな!
アドバイスを下さったり、パイプをお貸しくださったり、期間中冷凍庫を用意して下さったOB様方!
誠にありがとうございました!

 

P.S. また1月にテールを焼きます(失血死)