作業報告 翼班


昨年度に引き続き翼班の活動報告を書かさせて頂きます、翼班平社員の数野です。

新体制に入り2ヶ月ほど経ちましたが、今年度翼班は2年目となり昨年より若干老けた18代3人と新たに加わった血気盛んな19代4人の全7人で活動しています。

現在翼班はテスト翼の製作に取り組んでます。

今年度から本格的にディスタンス部門に転身するため翼も今までより大きくなり、相対的に作業量も増えます。そのことを踏まえ、今回のテスト翼ではできるだけ短時間で精度の高い翼が作れる手法を確立することを目標に製作を進めています。

具体的には治具をMDFからスタイロに変更することで治具製作を簡略にし、写真のようにスパン方向の治具とはめ込むことでリブと桁の垂直精度を出します。

そして先日無事にテスト翼1号が完成しました!

製作過程についてはまだまだ改良の余地があるのでこれからさらに練っていこうと思います!

 

最後に余談になりますが、最近ぐんと寒くなってきました。半屋外で活動するTBWですが、翼班では作業精度を落とす要因としては

寒さ・空腹・疲労

の3つであるとしています。(昨年の経験より実証済み)

早く春が来ないかなぁぁぁぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です