班紹介リレー〜電装〜


こんにちは!電装班の紹介はフェアリング班2年荻原が担当させていただきます!
なんでここでフェア2年が出てくるんだ、と突っ込まれそうなところですが
そこは置いておきまして早速紹介にうつらせていただきます!

電装班は機体の操縦(主に尾翼を動かす時)に必要な操舵系やパイロットが飛行中やその後に必要とするデータを集める計器系を担当している班です。

初めて聞いた時はソーダやケーキといった随分可愛らしい系統のものを扱うんだなぁと。
思い出すと恥ずかしい限りです(笑)


↑「電装班、写真取るよー」で集まって来た自称電装班のみなさん

正式メンバー
池田:明石出身関西弁のお姉さん。2年目電装班主任。ボケもツッコミもできるオールマイティーガール。
江戸:情報学徒。Javaに強い。気が付くと1人さすらっている19代の自由人。

図下(作業場)は半田が溶けないほどの寒さですが毎回の活動にちゃんと参加しているところ、本当に尊敬しています。

では早速インタビューしてみましょう♪

荻:最近はandroidの開発をしてますよね、具体的にはどういったアプリを開発してるのですか?
池:位置情報、方角を取得、さらにarduinoというマイコンとUSB 通信をして外部センサの情報も取得し、一括表示するというアプリです。

荻:マイコンって何ですか?(超初心者)
池:マイコンは小さいコンピュータのことです。
こちらが、プログラミングで指示を出すと、その通りのことをしてくれます。例えば、LEDをチカチカ光らせて!って言えば電源を入れるだけでチカチカ光らせてくれます。

なるほど!

荻:開発といってもどうやって開発をしているんですか?
池:android studio というアプリを使って開発をしています。

荻:一番難しいのはなんですか?(ざっくりとした質問)
池:開発にはjavaという言語を使っているのですが、完全に独学で分からないことばかりなので、一つ一つ調べながら進めています。調べることがとにかく多いのが大変です。

確かに、大変そう…

荻:これからやりたいことは何かありますか?
池:パイロットに見やすい、分かりやすいと思ってもらえるような表示計を作ることです。あと、トラブルフリーの電装を作ることです。

パイロットに喜んで貰えるものを作りたいですよね、分かります!

今年は電装からも目が離せませんね!!

以上電装班の紹介でした!
次は私も所属しているフェアリング班の紹介です。
次回こそは1年生による紹介ですので是非ご期待ください!
=======
Twitter公式アカウント: @tbwofficialacc
目指せ!フォロワー1000人突破!
よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です