荷重試験報告


先日、今年度桁について、第1回荷重試験を行いました!

荷重試験は、桁に必要な強度が得られていること、たわみ量が理論値と一致することを確認するもので、パイロットを安全に飛ばすために不可欠です。

今回の荷重試験では、翼端側の第4、第5桁にそれぞれ1倍荷重(定常飛行時)と1.5倍荷重(飛び込み時)をかけました。

特に第5桁なんかは見た目とても細く、見ていて胃が痛くなる思いでしたが、異音が鳴ることもなく、余裕をもって成功しました。

これでついに主翼の製作がスタートしました!
3月には第0-3桁についての第2回荷重試験を予定しています。

今回は手間取るところもあったので、改善していきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です