春の交流会@東北大学


3月も半ば、桜の季節がすぐそこまで来ています。東京では先日開花したようですね。
こんにちは、19代設計主任を務めることになりましたペラ班の井出と申します。

3月4日に鳥人間恒例の行事、春の交流会が仙台にある東北大学で開催され、19代9名と18代1名で参加してきました。
交流会では、「設計・代表・パイロット」、「翼」、「駆動・フレーム」、「電装」、「フェアリング」、「プロペラ、滑空機」に部屋が分けられ、それぞれの分野で他チームの方と情報交換をします。
僕はプロペラ部屋と設計部屋にお邪魔してきました。ペラ部屋では、他チームのペラの構成材の種類や設計ソフトについて、プロペラを保管するペラ箱の製作についてなどを聞いてきました。設計部屋では今どんなことを勉強しているか、破壊試験の重要性、どの部分の桁を焼いた方が効率的かなどを聞いてきました。
他の人もそれぞれの分野で情報交換ができたようなので、有意義な交流会になったと思います。

18代の鶫が完成したら、いよいよ次は僕たち19代の機体の完成に向けて動き始めることになります。今回得たものを生かして、自分たちらしい機体を作れるように頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です