第6回TF報告&桁班作業報告



まずは遅くなりましたが、7/8に行われました第6回試験飛行のご報告です。

第6回は横風が強いなか、風の弱いタイミングを見計らってなんとかフライト本数を稼げました。一本一本のフライトがとても質の高い有意義なフライトとなりました。パイロットOBさんの適切な指導によりパイロットの操縦技術も格段に上がりました。いろんなOBさんに褒めてもらえました。美味しい差し入れもいただき、会員一同嬉しい限りです。

また動画も当会のYouTubeチャンネルに投稿されますので是非ご覧下さい。7/15に行われました、第7回のTFに関してもまた追ってご報告いたします。

 

次に桁班からの作業報告です。

こんにちは、桁班3年の鈴木です。

桁班は主翼の1次構造を司る、笑顔あふれる班です。

我が班の強みはなんとパイロットがいる班なのです。テレビで活躍することを想定していますからさぞかしユーモアでギャグセンスがあるのでしょう。

 

そんな桁班のとある夕方の作業を見てみましょう。

今回は主翼の副桁部分のマウント部の製作の様子をご紹介いたします。

マウント部は、こちらの主翼(写真は中央翼)とフレームをくっつける部分にあります。

 

副桁部分のマウント部、即ちリアスパマウント部は、この赤い囲いの部分となります。

 

 

まず、こちらが

中央翼の全貌です、ここから、あらかじめ切り出した部品(カーボンプレートと木材)を接着していきます。ハタガネと緑色のビニールテープを用いてしっかり固定します。

 

 

次に、木材の露出を隠すように、カーボンクロスを巻きます。巻くときは、うまく接着してくれるように、伸縮性のあるビニールテープで圧着します。

このようにぐるぐる巻きにしますね。写真は当会パイロットの手です。

 

 

ん?よーくみてみると、

 

 

 

 

 

 

 

なんと、当会代表の顔写真!!

 

リアスパマウント部のくぼみを上手く利用して、代表の写真をお守りにしました。

これでリアスパマウント部製作の成功を見守ってくれると思います。ではまたいつか。

▲スマホを片手に楽しそうな撮影会です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です