第7回TF報告 & フレーム班報告


こんにちは!
先日7/15(日)早朝に行われた第7回TFについてご報告します。

(ついに装飾・塗装されたフェアとペラについては次回以降のブログで書きそうなのでスルーするよ。一言だけ言うなら、めっちゃ好き)

今回は第6回以上に天候に恵まれ、機体組立が日の出頃には終わったこともありロングフライトを9本行うことができました。
機体とパイロットの調子も良好で、定常飛行時にはまるで止まっているかのような綺麗な飛行を見せてくれました。
飛行場の飛び切りを達成し、スラロームにも挑戦することができ、非常に有意義なフライトになったと思います。

ただ、フライトとフライトの間の動きやGCの動きにはまだまだ改善の余地がありそう…。
1本でも多く飛ばすため、そして安全なフライトのために、次回最終TFでその辺りを修正できたらなと思います!

(今年のチームTシャツも届きました。今後触れるのかよく分からないので、とりあえず「こんなんだよ↑」とだけ)
(天候によっては今回が最後かもということで、みんなで鶫ちゃんと一緒に「かわいいのポーズbyパイロット」)

また今回のTFも当会のYouTubeチャンネルに投稿されますので是非ご覧下さい。

 

はい、続きましてフレーム班の活動報告です。どうもフレーム班主任の真下です!

完成してみて、今年のフレームは昨年の反省をフルに活かした精度&強度ともに結構な仕上がりになったのではないかなと嬉しく思います。
忙しくて新しいことはあまりできませんでしたが、1年間作業する中で妥協は一切しなかったので悔いはありません。
一緒に作業してくれた19代、手伝ってくださったOB様方ありがとうございました!

では最後に、個人的に一番好きな部分を紹介します。

右…パイロットシート(命名:夢空間)と、左…背もたれ(命名:エデン)です。

パイロットの関根の一番楽な姿勢に合わせつつ、強度確保・軽量化に努めた合計256.0gの力作。
ディスタンス機となり長時間漕ぐことになる(はずだった)関根が疲れず漕げるようにした完全オーダーメイドです(曰く「寝れる」)。
しかし来年のパイロットに座らせたらどうも合わない様子。パイロットの体格や漕ぎグセの僅かな違いで大きく変わってしまうものなのだなあと改めて驚きました。

エデンはなんちゃってモノコック(3Kクロス~5ply)となっており、適度なたわみで関根の背中を優しくカバーしてくれます。モノコックにした一番の理由はたわませたかったからではなく、琵琶湖で給水袋をエデンの中に突っ込むためだったのですが、まあ、うん…。

何はともあれ、パイロットのために最適化した軽量&機能的な搭乗部を作るのが代替わり時からの一つの悲願だったのでとても嬉しいです!

 

最終TFまであと5日。最後まで頑張って行こうと思います!
今後とも応援よろしくお願い致します!

 

P.S. 桁班のやつめっちゃ初耳だし、文章からしてアップし損じた過去の記事ってモロバレやんけby代表

One thought on “第7回TF報告 & フレーム班報告

  1. […] すでに前回の記事にもありましたが塗装が完了し、最終TFを目前についに2018年度フェアリングがロールアウトしました! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です