パイプ焼き本番!

当ブログをご覧の皆様、ご無沙汰しております。19代代表/フレーム班の細川です。

 

今回のブログでは、前回の記事でもご報告しましたカーボンパイプ焼きの続報をお伝えします。

 

鳥人間ではない皆様に向け、カーボンパイプ焼きについてざっとおさらいしますと、

機体の骨格を成すカーボン製のパイプを自分達の手で素材から手作りすることを指します。

業者に発注するのではなく手作りすることによって、自分達の好きなようにカーボンパイプの構造(分厚さなど)をカスタマイズでき、お値段もお安く抑えられます。

 

今年度は現在までに、

  • テスト桁×1本(直径100mm,長さ3m)、
  • テストフレーム×1本(直径60mm,長さ1m)、
  • 本番用フレーム×3本(直径60mm,長さ1.7m)
  • 本番用桁×1本(直径100mm,長さ4m)

を焼き終えました。

 

それでは、今年のカーボンパイプ焼きの工程を順にご紹介します。

 

まずは、「プリプレグ」と呼ばれるカーボンパイプの素材を、欲しい大きさにカットしました。カーボンパイプの完成品は固くてカチカチですが、プリプレグは紙のように柔らかくて、これを加熱してカーボンパイプに仕上げます。

次に、カーボンパイプの型となる金属パイプにプリプレグを巻いていきます。数人で手分けして作業します。

この作業が一番大変で、早くて10時間、長いと15時間ぐらいかかります。メンバー総出でシフトを組み、交代しながら長丁場を乗り切りました。

ちなみに、焼き上がったカーボンパイプがちゃんと型から抜けるために、金属パイプには予め離型処理を施してあります。(TBWでは離型剤にモルドリリースを使っています。)

 

プリプレグを巻き終わったら、いよいよプリプレグを加熱していきます。金属パイプの中に電熱線(電気ヒーターに使われているようなもの)を通し、135℃まで加熱します。135℃で90分間キープすると、カーボンパイプの焼き上がりです。

↑完成した本番用フレームパイプです!

↑本番用桁(長さ4m)の作業風景です。デカいものを作っているので賑やかです。

 

これから、今回焼いたカーボンパイプ達を組み合わせて、機体を作っていきます。

当ブログにも今回のカーボンパイプ達が今後度々登場すると思いますので、温かい目で見守ってあげてください。

 

夏休み中には収まり切らなかった今年度のカーボンパイプ焼きも、ラスト1本の本番用桁を残すのみとなりました。最後まで気を抜かず、立派な桁を焼いて優秀の美を飾りたいと思います。

 

当記事も最後まで読んでいただきありがとうございました。これからもTBWをよろしくお願い致します!

19代初! パイプ焼き

遅くなりましたが、夏休みに行ったパイプ焼きの報告です。

(更新が遅くなって大変申し訳ありません。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めまして。19執行代桁班長井ノ口です。今回は先日8/24に行われた、テストパイプ焼きについて報告させていただきます。と、思ってこの記事書いてたんですけど色々遅くなってすでに3本ほど焼き終えましたのでそれもまとめて報告させていただきます。

 テストパイプ焼きとはフレーム、桁に使われているカーボンパイプが当会でも本当に作成できるのか、それが本当に信用できるものなのかを確かめる大事な作業です。当会では過去何度か自作のカーボンパイプを作った実績がありますが、その技術がきっちり私たち現役世代に受け継がれているか確かめるものになります。

 今年度はフレーム用、桁用の2本のテストパイプを焼きました。焼きの当日は初めての自分たち主導のパイプ焼きということもあり、準備不足ともとれる失敗もありましたがテスト段階で気づけたことが不幸中の幸いでした。桁焼本番までに反省をしっかり行い、万全の準備で本番に臨みたいです。フレーム用が1m、桁用が3mですので並べると迫力の違いがよくわかりますね。

↑フレームパイプ(1m)

 

↑桁(3m)

 そしてついに9/4、テストパイプの結果を受け、今年も問題なくパイプを焼けるとGoサインが出ましたので、フレーム用の本番パイプ焼きが行われました。これについてはのちの記事で触れるかもしれないのであまり深くは触れませんが、立派なパイプが出来上がりました!

 現時点で計3本のパイプが焼きあがっております。どのパイプも10時間を優に超える長期戦の末に誕生したものです。この厳しい戦いがまだまだ残っていると考えると(ここで思考をやめる)。鳥人間の夏はパイプ焼きの夏(いや、違う)。この作業を乗り越えたからこそ本番の機体の制作に移れます。ここからが本番、会一同気合を入れなおし臨みます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

字体が違うのはブログ担当が情弱過ぎてフォントを直せなかったからです。

読みづらくなってしまい、申し訳ありませんでした。精進します。

 

新パイロット挨拶

公開が大変遅くなってしまいましたが、19代パイロットからのご挨拶です。

———————————————————————————-

こんにちは。2019年度パイロットの酒井です。
2019年鳥コンに出場すべく、機体製作とトレーニングに励んでいます。

 

先日の代替わりMTにて、先代パイロットの関根先輩が成し遂げ得なかったコト、僕への熱い激励、色々受け取りました。

僕の中でそれらは日々のトレーニング、そして最後に迎える琵琶湖でのフライトでの底無しのエネルギー源となりつつあります。

19-20代全員で作り上げる最高の機体に乗り、17、18代の先輩方の無念を晴らすとともに、

悔い無きフライトをするという強い志を持ち、19執行代パイロットを務めていきます。

 

同期、後輩からは勿論、OB様方、保護者様方からも愛されるパイロットを目指していきたいと思います!
1年間、応援の程宜しくお願い致します!

 

 

↑作業場でトレーニングするパイロット

最終TF報告&三役挨拶

こんにちは代表の真下です。

7/22(日)早朝に最終第8回TFを行いました。
現執行代である3年生はこれが最後の活動となります。

多くの苦難や不運に見舞われ、順風満帆とはお世辞にも言えない代ではありましたが、腐らずに活動を続けて最後にはこうして立派な機体を飛ばすことができました。
これもひとえに、ご応援ご協力いただいた皆様のお陰です。19代、20代、OB様方、保護者の皆様、ご支援下さった地域の方々、今までありがとうございました。

思えばあっという間の1年でしたが、自分みたいないい加減な代表についてきてくれた18代・19代には感謝の言葉もありません。

この18代10人で最後を迎えられたことを幸せに思います。(ほんとはもう1人くらい居てほしかったけど)

そして19代もこれから始まる執行代としての1年を、きっと立派に務めあげてくれると信じています!

20代の子達もみんな熱心なので、19代と活動しつつ来たる自分達の執行代に向けて存分に力を蓄えてくれることでしょう!

いつかやってくる栄光を信じて。皆様今後とも筑波大学つくば鳥人間の会をよろしくお願い致します!!

 

パイロットでした、関根です。最終TFから数日が経ち、少しずつ引退したことを実感してきています。
人事を尽くしてもなかなか天命が来ない18代でしたが、最終TFはこれ以上ない完璧なコンディションでした。そんな中、飛び切りを数本とS字飛行にも成功しました。最後の最後で事故なく終われたことに安堵しています。ここまで支えてくださったOBさん方には感謝の気持ちでいっぱいです。また、18執行代についてきてくれた19代にも感謝が尽きません。でもやっぱり一番感謝しているのは同期のみんなです。みんながいたから最後までトレーニングや減量を続けてこられたと思います。

正直桶川を飛び切ったぐらいではまだまだ全然飛び足りないです。操縦がしやすく低出力なこの機体を滑走路の中だけで飛ばすのは本当にもったいないです。どこか広いところで無限に飛ばしたいです。でも、もう僕が飛ぶことはありません。これからは後輩たちの時代です。来年度は今年よりもさらに本格的なディスタンス機になるはずです。来年こそは琵琶湖で飛んで欲しいと願うばかりです。

1年間応援ありがとうございました。これからもTBWをよろしくお願いします。お疲れ様でした。

 

設計の上田です。
最終TFは天候もよく、普段より広い滑走路で条件よく飛ばすことができました!
今年は1度も大きなクラッシュを起こすことなく無事にTFを終えることができました。最後にはスラロームも綺麗にでき、最終にふさわしいTFになったと思います。18代は本当に色々なことがありました。僕自身分からないことばかりで、多くの人に助けてもらってここまでやってこれました。

無茶なスケジュールの中機体調整までいつも間に合わせてくれた翼班、接合部が増えても回を重ねるごとに接合の早くなった桁班、無茶な着陸にも耐えてくれた丈夫で精度の良いフレームを作ってくれたフレーム班、たった一人の執行代で基盤を完成させ一度も電装トラブルでTFを止めなかった電装班、毎週末TFという時間のない中かっこいい装飾まで完成させてくれたフェアリング班、協力して美しいプロペラを仕上げてくれたプロペラ班の後輩たち、そして誰にも弱音を吐くことなく日々必死にトレーニングを続け、一度もクラッシュすることなく偏流・スラロームまで飛ばしてくれたパイロット、このどれか一つでも欠けていれば鶫はここまで良い機体に仕上がらなかったと思います。

ここまでついてきてくれたTBWのメンバー、力強いサポートをしてくださったOB、OGの方々、そしてつくば鳥人間の会18執行代を応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

ディスタンス部門で必要になるフライトデータは十分に残すことができました。19代は設計ももう動き始めています。来年こそは、鳥コンの舞台に戻りビックフライトを見せてくれると信じています。引き続きつくば鳥人間の会の応援をよろしくお願いします!

「鶫」機体紹介~フェアリング~

こんにちは!フェアリング班の荻原です。先日こちらの記事を書きましたが今回はその続きです。

すでに前回の記事にもありましたが塗装が完了し、最終TFを目前についに2018年度フェアリングがロールアウトしました!

△完成した鶫フェアリング

 

もちろんデザインには意味が込められていて、機体名「鶫(つぐみ)」に沿ったものとなっています。

まずは色に関して、「鶫」は「桃花鳥」とも書く事から桃色 をメインカラーとしました。ちなみにピンク色はパイロットの一番好きな色なんだとか(笑

△鶫フェアリングとパイロット

正直ここまでビビットなピンクになるとは思っていなかったのですが、昨年度と同様に琵琶湖の空で映えるようにと背景に目立つ色を持ってきました。

また全体のデザインに関しては、「鶫」という鳥の名の由来が冬に口を噤むことにちなみ、音符のない五線譜の様をフェアリングの流線形にのせて表現しました。

音符のない五線譜で沈黙を表す、とはなかなかお洒落な意味が込められているのではないかと思っています。

ビビットなピンクや可愛らしい羽根など今年度は今までになかったデザインにしたかったのですが、実際に完成したフェアリングを見て良いものが出来たなあと思えて良かったです!

 

さて、明日は最終TFですが

実は第7回TFとは若干デザインが変えられています。既出の2枚の写真を見比べて何かお気づきでしょうか…?

後縁の部分(フェアリングの後ろの方)を見ると新しく桃の花が…!

△後縁に新しく施された桃の花たち

2018年度執行代の人数と同じ10個の花が機体にあしらわれ最終TFを目前に準備万端です!

今年度は初めてNCを用いた製作をしてみたり、インテーク・アウトレットの製作方法を変えてみたりと製作面で新しいことに取り組みました。そのうえでデザイン面でも特徴のある機体を作ることが出来たかなと思っています。

明日早朝のTFで鶫の勇姿が見られるのが本当に楽しみです。

△完成したフェアリングと班員

 

最終TFに来てくださるOB・OGをはじめとする皆様方に感謝申し上げます。2018年度執行代もあとほんのわずかとなりますが、どうか最後までご声援のほどよろしくお願いいたします。

 

最終TF頑張ります!!

 

第7回TF報告 & フレーム班報告

こんにちは!
先日7/15(日)早朝に行われた第7回TFについてご報告します。

(ついに装飾・塗装されたフェアとペラについては次回以降のブログで書きそうなのでスルーするよ。一言だけ言うなら、めっちゃ好き)

今回は第6回以上に天候に恵まれ、機体組立が日の出頃には終わったこともありロングフライトを9本行うことができました。
機体とパイロットの調子も良好で、定常飛行時にはまるで止まっているかのような綺麗な飛行を見せてくれました。
飛行場の飛び切りを達成し、スラロームにも挑戦することができ、非常に有意義なフライトになったと思います。

ただ、フライトとフライトの間の動きやGCの動きにはまだまだ改善の余地がありそう…。
1本でも多く飛ばすため、そして安全なフライトのために、次回最終TFでその辺りを修正できたらなと思います!

(今年のチームTシャツも届きました。今後触れるのかよく分からないので、とりあえず「こんなんだよ↑」とだけ)
(天候によっては今回が最後かもということで、みんなで鶫ちゃんと一緒に「かわいいのポーズbyパイロット」)

また今回のTFも当会のYouTubeチャンネルに投稿されますので是非ご覧下さい。

 

はい、続きましてフレーム班の活動報告です。どうもフレーム班主任の真下です!

完成してみて、今年のフレームは昨年の反省をフルに活かした精度&強度ともに結構な仕上がりになったのではないかなと嬉しく思います。
忙しくて新しいことはあまりできませんでしたが、1年間作業する中で妥協は一切しなかったので悔いはありません。
一緒に作業してくれた19代、手伝ってくださったOB様方ありがとうございました!

では最後に、個人的に一番好きな部分を紹介します。

右…パイロットシート(命名:夢空間)と、左…背もたれ(命名:エデン)です。

パイロットの関根の一番楽な姿勢に合わせつつ、強度確保・軽量化に努めた合計256.0gの力作。
ディスタンス機となり長時間漕ぐことになる(はずだった)関根が疲れず漕げるようにした完全オーダーメイドです(曰く「寝れる」)。
しかし来年のパイロットに座らせたらどうも合わない様子。パイロットの体格や漕ぎグセの僅かな違いで大きく変わってしまうものなのだなあと改めて驚きました。

エデンはなんちゃってモノコック(3Kクロス~5ply)となっており、適度なたわみで関根の背中を優しくカバーしてくれます。モノコックにした一番の理由はたわませたかったからではなく、琵琶湖で給水袋をエデンの中に突っ込むためだったのですが、まあ、うん…。

何はともあれ、パイロットのために最適化した軽量&機能的な搭乗部を作るのが代替わり時からの一つの悲願だったのでとても嬉しいです!

 

最終TFまであと5日。最後まで頑張って行こうと思います!
今後とも応援よろしくお願い致します!

 

P.S. 桁班のやつめっちゃ初耳だし、文章からしてアップし損じた過去の記事ってモロバレやんけby代表

第6回TF報告&桁班作業報告


まずは遅くなりましたが、7/8に行われました第6回試験飛行のご報告です。

第6回は横風が強いなか、風の弱いタイミングを見計らってなんとかフライト本数を稼げました。一本一本のフライトがとても質の高い有意義なフライトとなりました。パイロットOBさんの適切な指導によりパイロットの操縦技術も格段に上がりました。いろんなOBさんに褒めてもらえました。美味しい差し入れもいただき、会員一同嬉しい限りです。

また動画も当会のYouTubeチャンネルに投稿されますので是非ご覧下さい。7/15に行われました、第7回のTFに関してもまた追ってご報告いたします。

 

次に桁班からの作業報告です。

こんにちは、桁班3年の鈴木です。

桁班は主翼の1次構造を司る、笑顔あふれる班です。

我が班の強みはなんとパイロットがいる班なのです。テレビで活躍することを想定していますからさぞかしユーモアでギャグセンスがあるのでしょう。

 

そんな桁班のとある夕方の作業を見てみましょう。

今回は主翼の副桁部分のマウント部の製作の様子をご紹介いたします。

マウント部は、こちらの主翼(写真は中央翼)とフレームをくっつける部分にあります。

 

副桁部分のマウント部、即ちリアスパマウント部は、この赤い囲いの部分となります。

 

 

まず、こちらが

中央翼の全貌です、ここから、あらかじめ切り出した部品(カーボンプレートと木材)を接着していきます。ハタガネと緑色のビニールテープを用いてしっかり固定します。

 

 

次に、木材の露出を隠すように、カーボンクロスを巻きます。巻くときは、うまく接着してくれるように、伸縮性のあるビニールテープで圧着します。

このようにぐるぐる巻きにしますね。写真は当会パイロットの手です。

 

 

ん?よーくみてみると、

 

 

 

 

 

 

 

なんと、当会代表の顔写真!!

 

リアスパマウント部のくぼみを上手く利用して、代表の写真をお守りにしました。

これでリアスパマウント部製作の成功を見守ってくれると思います。ではまたいつか。

▲スマホを片手に楽しそうな撮影会です。

 

第5回TF報告

お久しぶりです。設計主任の上田です。
今回は、先週日曜に行った第5回TFの報告になります!

天候の問題で、指示だしを行う追走車が出せないというトラブルで、僕もロードバイクで追走することになりました!バイクジャージでパイロットとペアルックですね!

慣れない形で戸惑うこともありましたが、何とか無事、TFを終えることができました。

前回のTFで飛ばすことはできたので、これからはより安定して、あるいはより性能を発揮できるように調整していくことになります。
距離を飛ばせるようにするためには、性能発揮だけでなく機体を安定させてパイロットが漕ぐことに集中できることも重要です。手を放しても飛び続けられる機体には憧れますね!

今週は横風が強く、なかなか飛ばし辛い天候でした。あまり距離も飛ばせませんでしたが、偏流飛行をこの時期に体験できたのは僕にとってもパイロットにとってもいい経験だと思います。

自分の設計した機体が飛ぶことは、言い表し難い感動があります!折角なので、納得いくところまで調整していきたいですね。次回TFにむけ、万全の用意をしていきたいと思います!

以上です!

 

「鶫」機体紹介~翼~

実は引退を目前にして初めてブログを書かせていただきます.翼班主任の吉田です.今年度の機体「鶫」の翼を紹介します.

トラス肉抜きがよく映える大変かっこいい翼になりました.

製作期間はリブを切りはじめてから約3か月です.当の私は1人で120本以上のリブと多数のジグを切り出したわけですが,そのかいあって新手法を取り入れた組み上げには9日間で6本の分割翼をプランキング前の状態までもっていくことができ,押していたスケジュールを大きく改善できました.(翼班 怒涛の3月!

中でもうまくいったのが垂直尾翼です.問題点がほぼなく,今年度の翼班のベストがこの垂直尾翼に集約されています.エンドリブにハニカム・ドライカーボンのサンドイッチパネルが使用されています.

今年度から本格的に長距離競技用の機体製作ということで翼スパンが伸び,不安もありましたが何とかロールアウトにこぎつけることができました.

先日の試験飛行の様子です.

よく飛んでくれて苦労して製作したかいがあったなと感慨にふけっていました.

さて,現在は主にフィルムの修復のかたわらで翼端フィレットの製作中です.琵琶湖にいけないのが唯一惜しいですが最終TFには完全な状態でむかえられるように頑張ります!

まだまだTBWの翼は発展途上.来年以降の進化に期待ですね!

今後とも応援よろしくお願いします!

第3回TF報告

お久しぶりになります。パイロットの関根です。

今回は、先週行った第3回TFの報告になります。
天候に恵まれなかった初回第2回とは打って変わって、風がなく天気もよいTFになりました。

ついに、満を持して、2018年機の鶫が飛びました!

自分たちの代の機体が飛ぶ姿を見るのはとても感動でした。語彙力が無くてこれ以上感動を伝えることは難しいですが、すごく嬉しかったです。

また、嬉しさを感じるとともに、飛行機の操縦の難しさも感じました。何度も何度もイメージしてきましたが、実際に漕ぎながら機体の挙動を感じつつ適切に操縦するのはとても難しいですね。こんなに頭を使ったTFは初めてでした。

これからほぼ毎週TFに行きます。誰が見ても安心して飛ぶ姿を見れるように頑張っていきます!

以上です!

また今回のTF動画も当会のYouTubeチャンネルに投稿されておりますので是非ご覧下さい。