第7回TF報告 & フレーム班報告

こんにちは!
先日7/15(日)早朝に行われた第7回TFについてご報告します。

(ついに装飾・塗装されたフェアとペラについては次回以降のブログで書きそうなのでスルーするよ。一言だけ言うなら、めっちゃ好き)

今回は第6回以上に天候に恵まれ、機体組立が日の出頃には終わったこともありロングフライトを9本行うことができました。
機体とパイロットの調子も良好で、定常飛行時にはまるで止まっているかのような綺麗な飛行を見せてくれました。
飛行場の飛び切りを達成し、スラロームにも挑戦することができ、非常に有意義なフライトになったと思います。

ただ、フライトとフライトの間の動きやGCの動きにはまだまだ改善の余地がありそう…。
1本でも多く飛ばすため、そして安全なフライトのために、次回最終TFでその辺りを修正できたらなと思います!

(今年のチームTシャツも届きました。今後触れるのかよく分からないので、とりあえず「こんなんだよ↑」とだけ)
(天候によっては今回が最後かもということで、みんなで鶫ちゃんと一緒に「かわいいのポーズbyパイロット」)

また今回のTFも当会のYouTubeチャンネルに投稿されますので是非ご覧下さい。

 

はい、続きましてフレーム班の活動報告です。どうもフレーム班主任の真下です!

完成してみて、今年のフレームは昨年の反省をフルに活かした精度&強度ともに結構な仕上がりになったのではないかなと嬉しく思います。
忙しくて新しいことはあまりできませんでしたが、1年間作業する中で妥協は一切しなかったので悔いはありません。
一緒に作業してくれた19代、手伝ってくださったOB様方ありがとうございました!

では最後に、個人的に一番好きな部分を紹介します。

右…パイロットシート(命名:夢空間)と、左…背もたれ(命名:エデン)です。

パイロットの関根の一番楽な姿勢に合わせつつ、強度確保・軽量化に努めた合計256.0gの力作。
ディスタンス機となり長時間漕ぐことになる(はずだった)関根が疲れず漕げるようにした完全オーダーメイドです(曰く「寝れる」)。
しかし来年のパイロットに座らせたらどうも合わない様子。パイロットの体格や漕ぎグセの僅かな違いで大きく変わってしまうものなのだなあと改めて驚きました。

エデンはなんちゃってモノコック(3Kクロス~5ply)となっており、適度なたわみで関根の背中を優しくカバーしてくれます。モノコックにした一番の理由はたわませたかったからではなく、琵琶湖で給水袋をエデンの中に突っ込むためだったのですが、まあ、うん…。

何はともあれ、パイロットのために最適化した軽量&機能的な搭乗部を作るのが代替わり時からの一つの悲願だったのでとても嬉しいです!

 

最終TFまであと5日。最後まで頑張って行こうと思います!
今後とも応援よろしくお願い致します!

 

P.S. 桁班のやつめっちゃ初耳だし、文章からしてアップし損じた過去の記事ってモロバレやんけby代表

フレーム本番接合 完了!!


先日2/7(水)にフレーム系バンド SAKAI NO OWARI の1stシングル「SAKAI NO HAJIMARI」が遂にリリースされました!
こんにちはDr.の真下です。一応リーダーやってます。
さてこの1stシングルの初回限定版にのみ同封されています上の写真ですが…、もうやめときましょうか(笑)

改めてみなさま、お世話になっております。
2018年度フレーム班主任の真下です。

先日2/7(水)に遂にフレーム班の一大事業であるメインフレームおよびコックピットパイプ3本の接着が行われました!
TBWでは「本番接合」と呼ばれるこの事業は、代替わりしてから2~3回の切削・接合練習を経たのち、本番用のコックピットパイプ3本の切削を行った上での最後の接着作業。
フレーム本体が形作られる、いわば上半期の集大成なわけです。

今年は3人で4ヶ所の接合部を、20作業分は掛けてとことん精度にこだわり抜いて切削してきました。タイヘンダッタ…

そして運命の2/7(水)、さて今年はどれだけの精度が出ているのだろうかとドキドキしていましたが見ての通り↓

当会では毎年、前‐下パイプ接合部に全ての製作誤差を集約するように接合しているのですが、今年はそこの誤差が写真のようにほんの少ししかありませんでした!!

自分は今回が3回目の本番接合なのですが、間違いなく今までで一番精度の高い、納得のいくフレームが作れたと思います。
最近は作業場に行くたびに、4ヶ所の接合部を眺めてはニヤニヤしています(不審者。)

実は2/5から2/16までテスト期間の筑波大学。当会も1/29からテスト休みに入っていました。
そんな中でも定期的に作業場に来て切削作業を進め、本番接合も1日中つきあってくれた1年生2人には感謝の気持ちしかありません。
ありがとう。単位落とすなよ(無責任かつ他人事。)

さて本番接合も終わり一安心といったところですが、フレーム班の作業はこれからもた~~~~くさんあります笑
適度に息抜きも挟みつつ、その全てを精度高く作れるように頑張って行こうと思います!!
今後とも応援よろしくお願い致します。

(※冒頭で後輩のネタに無計画で乗っかったことをここに謝罪します)

班紹介リレー〜フレーム〜

こんにちは!! SAKAI NO OWARI です!

1stシングル『SAKAI NO HAJIMARI』は2/7(水)リリース! お楽しみに!

あ、失礼しました。粗相してしまいました(笑)

気を取り直して、、、

班紹介リレー第3走者はフレーム班です!
フレーム班1年、酒井が担当します!

フレーム班は真下先輩(2年)を筆頭に、細川(1年)、酒井(1年)の計3名で活動しています。フレーム班の作業出席率は脅威の120%!!(時間外労働も含む、、、)

このリレーでも機体でも中枢を担うフレーム班は、機体の胴体(メインパイプ/テールパイプ/コクピットパイプから成る)だったり車輪だったり駆動系(パイロットが漕ぐ力をプロペラに伝えてプロペラを回す機構)だったりを製作しています。

フレーム班1年は今までに2度のカーボンパイプの切削/接合練習を行い、今は本番切削に取り掛かってます。
1度たりとも失敗してはいけないというプレッシャーの中、僕たちは今日もパイプをヤスるのです!

ちなみに2/7(水)は本番接合日です!

先日、テールパイプ焼きを行いました!
テールパイプというのは読んでの通り、機体の尻尾(後ろ)部分です。水平/垂直尾翼が付いたりします。
26時間にも及ぶ長い長い戦い(1/20 Am8:00〜 1/21 Am10:00)の末、図下に1本のテールパイプが誕生しました!!
どのようにパイプ焼きを行うのかは『2017年10月11日 フレーム班パイプ焼き!‭』この記事を読んで頂ければ大まかな工程はお分かりいただけるかと思います!

こんなフレーム班、見ての通り、男三人衆で活動しています。巷では「女子がいない唯一の班」として有名です。

女子に入ってもらえるようなフレーム班を目指したいですね!

絶 対 無 理
目 指 す だ け ム ダ
そ ん な の フ レ ー ム 班 じ ゃ な い

なんて声がちらほら聴こえてきそうですね!

新歓頑張ります!

余談ですが

遂に

図下にも

雪が舞い降りましたーーーーーー!!!!!!

👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏

図下にいたら指先の感覚なんて秒で無くなってしまいます!この極寒の中でミスするなと罵られても、、、、

しかし、こんな寒さの中作業をなさってきた先輩、OB・OGさんもいるわけですから、ごちゃごちゃ言ってる場合ではありません!!
つくば鳥人間の会一同、寒さに負けじと機体製作頑張ってまいります!!

=======
Twitter公式アカウント: @tbwofficialacc
目指せ!フォロワー1000人突破!
よろしくお願いします!

フレーム班パイプ焼き!

こんにちはフレーム班です!

フレーム班は主に機体の胴体・車輪・駆動系(パイロットが漕ぐペダルの回転をプロペラに伝える機構)などを製作しています。
製作パーツが多種多様に渡るため、幅広い材料・製品・加工法を学べるのが特徴!
衝撃に強くて軽いフレームを目指し、カーボン・金属・木材を、切ったりやすったり接着したり…一番「大工職」っぽい格好いい班です!(女子にモテるとは言ってない)

 

さあそんなフレーム班ですが、今年の夏もやっておりました!パイプ焼き!!

 

なんと機体に使うCFRP(炭素繊維強化プラスチック)パイプを学生でありながら自分達で作るのです!
その最大のメリットは安さと軽さ!
時間はかかりますが、ながーい大学休み&貧乏な僕達には持って来いだったりします・・・・・・時間はかk(略)。

つくば鳥人間の会TBWでは一昨年からパイプ焼きを導入しました。
パイプ焼きの作業工程は長く、フレーム班の人数が少ないTBWでは例年、時間が空いている他班の人にも手伝ってもらっています。ありがたやm(_ _)m
半屋外である作業場「図下」での、より早くより確実な製法を求め、今日も僕達はパイプを焼き続けるんだ!(鼻血)
そんな中、3年目の今年、パイプ焼きの作業員に新たな仲間が加わりました!

紹介します、シュリンクちゃんです↓
可愛いですね。
彼女のおかげで、パイプ焼きの重要な製造工程の一つである「シュリンクテープ巻き」が最悪2人でも行えるようになりました!やったね!(吐血)

さて、この夏行ったのはコックピットに使う3本のパイプ焼きです!
秋TFが終わって間もない9/14にパイプの素となるプリプレグが届き、そこから9/16にテストパイプ,9/23にコクピ後パイプ,9/30にコクピ下パイプ,そして授業も始まった10/6の夜からもコクピ前パイプ を焼きました!(ちなみに夏休み中のパイプ焼き以外のほとんどの日も翼班主導でカーボンシートを焼いていたなんて言えない…)

 

マンドレル(アルミパイプ)にプリプレグを積層し、シュリンクテープも巻いてヒーターを通し、毛布でくるんで熱して(←だからパイプ「焼き」)4時間…。

今年も元気なパイプちゃん達が産まれました!↓
↑テストパイプ

↑後パイプ

↑のり巻き

↑前パイプ

忙しい中手伝ってくれた18・19代のみんな!
アドバイスを下さったり、マンドレルをお貸しくださったり、期間中冷凍庫を用意して下さったOB様方!
誠にありがとうございました!

 

P.S. また1月にテールを焼きます(失血死)

フレーム接合完了しました

フレーム班主任増田です。

2/12(日)にフレーム接合を行いました。

フレーム班で1番大きいと言える行事を終えられ、ほっとしています。

去年はレーザーカッターが使えなくアクリルの治具をCNCで切り出したため、治具の調整に時間がかかり精度を出すのも大変でしたが、今年はレーザーカッターで切り出したため去年よりだいぶ楽に作業できました。

当日はフレーム班員だけでなく、OBさんと他班にも協力してもらいました。

ありがとうございました!

荷重試験、提出書類も終わったので、ロールアウトに向けて作業がんばっていきます!

 

パイプ焼き

こんにちはフレーム班主任増田です。

先日TBW史上初となる図下(作業場)でのパイプ焼きを行いました。

今回は本番に使うパイプ焼きの練習としてコクピットパイプの試作を行いました。

S__15335437

半屋外の図下で焼けるものかと少し不安はありましたが無事焼けました。

また修正すべき点も見つかったので反省を生かして今週からは実機に使うパイプを焼いていきます!S__15335426

フレームが組みあがり、テールが焼きあがりました

初めまして、16代フレーム班主任のサトシです。
今回皆さまにご報告できることが2件あります。

まず、今年度の機体「懸巣」のフレームが組みあがりました!

しゃしん_7139

まだCFRPパイプを接着しただけでここから更にパーツが追加されていくのですが、
ひとまず一番神経を使う作業は終わりです。

今年の機体は随分小柄になりました。かわいらしいですね!!!

もう1つの報告は、当会初のCFRPパイプ焼きについてです!

今まで当会は桁焼きの技術を持っていませんでしたが、
今年テールパイプを刷新する予定だった事もあり、はじめての桁焼きにチャレンジする運びとなりました。

桁焼き当日、午前10時。鳥人間にしては早い時間から作業開始。
この時はまだ、日付が変わるまでには家に帰れると思っていました。
蓋を開けてみれば塹壕戦のような泥沼作業で、全部終わったのは翌日午前11時。
25時間に及ぶ作業の果てに、1本のテールパイプがつくばに産み落とされました。

 

しゃしん_1682しゃしん_4240 (3)
積層の様子(左)と焼きあがった後のパイプ(右)

いやぁ、苦労した分達成感が増しますね!
重量をはかってみたところ、思っていたよりかなり軽くなっていて驚きました。
これが自作桁の世界なんですね。

数年後、後輩たちがどれだけ機体を軽量化しているのか、今から楽しみです。

フレーム接合

 

ご無沙汰しております。2015年執行代フレーム班主任の西原です。

ご報告が遅くなりましたが、12月初旬にカーボンパイプを接合し、

今年度のフレームがようやく形になって参りました。

その後カーボンクロス等で接合部の補強をし、今は写真のような状態になっています。

KIMG0289

全体としてねじれがほぼなく、接合部も上出来で、現段階で納得のいくものができました。

製作過程で問題となった点や、気付いた点は後輩達にしっかりと引き継いでいきます。

今後フレーム班は駆動系や主翼マウント部なども製作し、フレームを完成させていきます。

 

また現在フレーム班だけでなく、翼班、桁班、プロペラ班、フェアリング班、電装班も作業が本格化しています。

「カッコイイ機体」を作って鳥コンに出場し、結果を残すため、日々作業に励んでいます。

どうか皆さま、今後ともご声援よろしくお願いします。

 

 

寒くなりましたが

ブログの記事を読んでくださる皆々様、お久しぶりです。

冬もようやく本番ということでいかがお過ごしでしょうか。

活動報告ということで先日今年度の機体で使用する全ての桁が届き、これで全ての班が順調に作業を進めていく…はずです。

が、しかしスケジュールにも遅れが生じている部分もあり、早急に色々と仕上げていく必要があります。

さて、TBWが使用する図書館下は全国の鳥人間サークルでも指折りの環境が厳しい作業場ですが、その厳しさが最も増すのが冬。

常に氷点下を下回る環境下でおこなわれる全体作業はいつも困難が付きまといます。

そんな中、先日よりフレームの接合、クロス巻きが行われています(あとで写真を載せます←ごめんなさい、写真見つかりませんでした)

少しずつですが機体の形が見え始めてきました。

ロールアウトまであともうほんの数ヶ月、気を引き締めて頑張っていこうと思います。