プロペラ班活動報告

こんにちは!つくば鳥人間の会で設計主任兼プロペラ班長の上田です!
今日はプロペラのことを書こうと思います。

現在プロペラ班は、無事1セット目の加工が終わり、パテ盛りという表面をなめらかにする処理をしています。
表面の凹凸を無くし、パテ盛りを緻密に仕上げることで、塗装時の美しさはもちろん、余計な抗力を減らすことにもなります!
歪みのない鏡面反射をするプロペラは、作り手にとって何よりの憧れとなっています。

つくば鳥人間の会では、パテを美しく盛り付ける職人をパテシエと呼んでいます!

パテシエは表面の凹凸を見抜く眼、最適な量のパテを配置する技術、そして何より幾度となく盛っては削って磨き込む精神力が必要です。
19代は現在パテシエ職人になるための修行をしています!

手で撫でた時の感覚がどんどん良くなってきており、完成が楽しみですね!

今年はたくさんの新入生が入ってくれました!プロペラ班にはどんな子が入ってどんな職人に育っていくのか、とても楽しみにしています!

班紹介リレー〜プロペラ〜

こんにちは!
最近暖かくなってきましたね。

今日は班紹介リレーのアンカー、プロペラ班の紹介をします!担当は19代の石川です。

ペラ班は、機体の推力、前に進む力を生み出すプロペラを作っています!

機体の中で唯一ねじれた形をしているプロペラ。

そんなペラ班にはひねくれた人独創的な人が多いです。

また、プロペラは製法や使える材料のバリエーションが豊富です。また、塗装も自分たちでデザインを考えて行います。TBWでも毎年試行錯誤しながら、より良い製法や使う材料を探っています。今年は、前縁はカーボンクロス、外皮はバルサ貼りになりました!

前縁型のパテ盛ィ!(最近全く聞きませんね)や、外皮貼り頑張ります!
下は前縁真空引きの様子です。

さて、そんなペラ班のゆかいな仲間たちを紹介します。

上田先輩
ペラ班主任兼設計主任。現役トップレベルの設計の知識と確かな技術、独特の笑いのセンスを持っていらっしゃる頼れる先輩です!プロ並みの料理の腕も持ち合わせています。

堀内先輩(みどりさん)
みんなを温かく見守ってくださるお姉さん的存在の先輩。その笑顔に癒されます!女子トーク楽しい。

井出
19代設計主任志望。某祭りの実行委員会と掛け持ち中。紙飛行機で鍛えた手先の器用さは折り紙つき!

三村
ロボットコンテスト世界大会で優勝経験もあるかなりの実力者。来年のペラ設計に期待!

瀧田
某テニサーと掛け持ちする正真正銘の陽キャ。作業が丁寧で繊細です。

石川
これを書いている者です。文系。サルでもわかる航空力学の本が欲しいです(涙目)。勉強頑張ります!

こんな感じの6人で、これからの作業も頑張ります!よろしくお願い致します。

作業報告 プロペラ班

こんにちは。プロペラ班です。

試験が終わりいよいよ春休みです。

そしてプロペラ班の作業はついに本番用プロペラの制作に突入しました!

写真は前回の作業で制作したプロペラ用の治具です。台の上に立っている細かいパーツはレーザーで切り出し、一つ一つ接着剤で組み立てました。

これからこの治具を使ってプロペラの骨組みを作り、それに外皮を貼っていく予定です。

鳥人間コンテストに向けての提出書類の方も佳境に入ってきましたが、いいプロペラができるように引き続き制作を進めていきたいと思います!

プロペラ爆誕!!

お久しぶりです、プロペラ班のだいそんです。

あっという間に4月が終わって5月になっていましたね。TFや本番まで限られた時間しかないことに少しばかりか焦りを感じています

CgvWWt7UkAEzCGu
この度16年度のTF用のプロペラが先月の24日に完成しましたので報告致します。

今までTBWのプロペラで採られたことのない方法ばかりの製作なので、うまくいいものができるか少し心配ではありましたが、無事回転試験を終えて安心しております。

今までセミモノコックやスタイロ充填式の採られていた我が会のプロペラ製作ですが、今年は思い切ってバルサペラを製作しました。

感想としましては、やはり、軽い!!というのが一言目に上がります。

両ブレードともハブに取り付けた状態での重量は799g、これはTBW史上最も軽いプロペラと言っても過言ではないでしょう。

バルサ外皮の上に用いたカーボンクロスに一部シワが寄ってしまいましたが、これらはすべてパテで修正していきます。

TBW名物のペラ命名を行いまして、今年のTF用のセットの名前は『恭子・美香』に決定しました。

昨年製作したサツキ・メイから一年経ち、オトナの女性になって某□十姉妹のようなプロペラがロールアウトした、という設定です。笑

これから本番用の製作もしていく予定です、内部構造や製作手順などTF用の反省やひらめきをもとにさらにいいものを作って行けるよう作業をがんばっていきたいと思います。

 

今晩初回TFに向けて出発するわけですが、何といってもやはり無事故で安全に終わってほしいものですね。。。
またTFから帰って来ましたらブログの方、更新していきたいと思います。

プロペラ班の公式Twitterアカウントといいうものも始動しているのでもしよろしければFollowしてみてください((@TBWPROPELLER)

それでは、また!

じぐたて!

こんにちは、プロペラ班のおおむらです。

今年の春、代替わりをした直後は雌型をNCで切り出してモノコックのプロペラを作るぞと息巻いていたプロペラ班ですが・・・

紆余曲折あり最終的にはいわゆる”バルサペラ”と呼ばれる製法で作っていくことになりました。

一口にバルサペラと言っても積層構成、前後縁の作り、治具の立て方など色々ありますが、詳しいことは明日の交流会でお話しできればと思います。(僕は行けませんが・・・)

 

そんなプロペラ班の現在の進捗はというと、ひとまず昨日治具の設置まで完了しました。

こちらがその写真です。

IMG_6611

IMG_6612

IMG_6613

こんな感じになってます。

来週からはいよいよリブと外皮の切り出し、そして接着となっていきます。

乞うご期待。

 

 

プロペラ爆誕

どうもTBW16代のだいそんです!

今日は新しく出来たプロペラの報告の記事を書きます!!

納期を先延ばししてまで作らせてもらったという経緯のあるプロペラなだけに、出来がとても気になっていたのですが、このたび無事に回転試験、および第5回TFも成功して一安心していたところです。

IMG_2982_2

第三回TFのあとに4日連続というハードスケジュールでブレード二本分の真空引きと硬化を強行しました。笑
正直来年はやりたくないですね笑

12時間真空引きした後24時間の硬化待ち放置、そして開封です。積層は1.5kの2plyです。

Jpeg

小さめのシワが下面に生じてしまった事を除けば、とてもいい結果だと思います。

TBW伝統のブレード命名は5月にロールアウトを迎えたということもあり、メイとサツキに決定しました!(過去例:パズーとシータ・ガンジーと徹子)

トリミングや先端処理、表面にパテを盛り大きめのへこみをなだらかにしてついに回転試験。

IMG_3158_2

大きな異音等も発生せず、とてもいい風を吹かせていました。

IMG_4415

また根元の金属部分の加工をした後試験飛行で使い、無事浮いたことにより推力も問題なく生めていることを確認しました。

TF

自分の設計したプロペラで実際に機体が浮いたときは、、、グラウンドクルーで必死だったのですが笑、帰ってきてから動画を見てとても感動しました。推力がちゃんと出ていて一先ず安心しました。

ロールアウトまでのTFは雲雀代のプロペラを使わせていただきました、その節は雲雀代のOBさんには大変お世話になりました。ありがとうございます!

これからは表面処理と塗装を全力で終わらせて万全の状態で琵琶湖に向かえるようにします!

以上、だいそんでした!

時間外作業

お久しぶりです。 TBW2015設計主任の藤原です。

夏のTFも近付き、翼の作業も大詰めを迎えています。

夏の早い段階でのTFを実現するために3週間で2本の翼を作るエクストリームなスケジュールが立てられました。

今まで何をのんびりしていたんだ!!といわれてしまうようなぬるま湯作業から一転、これぞ鳥人間です。

我々は追い込まれたときにこそ本領を発揮するのです(追い込まれるまでは発揮できないんです…)

今日は一日ずっと時間外作業が続いています。

主に第3と第4のリブキャップ、桁キャップを一日で作っていました。

写真はバルサを切る一年生、だいぶ作業する姿が頼もしくなってきました。
IMG_1768 IMG_1769 IMG_1759

そしてこちらはストリンガーを削る一年生、今日はじめてやる作業なのにもう既に私よりうまいのであせっております…

IMG_1763 こちらでは翼班の一年生にアクシデント、接着剤とストリンガーが指から離れなくなってしまい、大変なめにあっていました。 なお、このすぐ後に自力でとることができました。 IMG_1774
そしてこちらは充填材を切るペッペラ星人たち、新しい制作方法に挑戦しているとのことですが、果たしてどんなプロペラを見せてくれるのでしょうか。

IMG_1772
IMG_1770

作業は分からないことが一杯ですが、毎日新しい技術を身につけております。

それでは、まだまだ時間外作業は続いているので頑張ろうと思います。

さて、そろそろTFの日程を決定したいと思っておりますので、決まり次第OBさんがたにはメーリスやホームページなどで周知させていただきます。

どうか応援の程よろしくお願いいたします。