活動紹介

【筑波大学体育会ワンダーフォーゲルクラブとは?】

 

 筑波大学体育会ワンダーフォーゲルクラブは、筑波大学公認の課外活動団体です。

 主な活動として、週末・祝日・長期休業などを利用して、全国各地で登山や旅行などを行っています。筑波大ワンゲルの大きな特徴として、年3回の全体山行を除いて、すべての山行は基本的に自由参加であるということがあります。また登山だけでなくスキーや自転車旅行、海外など幅広く活動している団体です。

  
  自転車旅行、海外旅行の様子

【ワンゲルの主な活動について】

山に行くまでの流れ

①あるメンバーが「この山へ行きたい!」と考えます。
②その人が日時、場所などの計画の概要を考えます。
③ミーティングで「何日にこの山へ行こうと思うのですが、行きたい人いますか?」というように、メンバーの中から参加者を募集します。
④参加者が集まったら、3・4年生などの助言を受けながら、計画の発案者がその山行のリーダーとなって、一緒に参加する人たちとより細かな計画を立てます。
⑤詳細な計画が完成したら、実際に山行に行って楽しむ!!

という流れになります。

 
  
 1年生はまだ経験が浅いため入会当初は計画を立てることはできませんが、10月頃に行われる全体山行で初リーダーを終えた後、自分で計画を立てることができるようになります。この自由参加という形式をとることで、メンバーは自分のペースで活動を行うことができます。
そのため、週末はアルバイトなどをしつつ、夏休みや冬休みなどの長い休みを使って、北海道や九州などへ旅行をする人もいれば、週末は関東周辺の近場で登山をして、夏休み中は、北アルプスや南アルプスなどで10泊以上の長期の山行を行っている人もいます。
また、沢登りや冬山など通常の山行とは違った技術や知識を必要とする山行に行きたい場合には、研究班というものに所属して、安全に活動ができるために必要な知識・技術を習得してバリエーション活動を行います。
このように筑波大ワンゲルでは多少の縛りはあるものの、基本的にはメンバーが自主的に山行を行えるように、夏山高所登山から低山ハイク、沢登り、冬山登山、旅行などなど、幅広い活動をしている団体です。

また私たちが定期的に行っている活動には、ミーティングとトレーニングがあります。

ミーティング

 ミーティングは毎週火曜日の18:30~行われます。
 場所は5C513です。
 ミーティングの主な内容は、

①山行の報告、募集
    行われた山行について山行のリーダーが、計画内容と実際の山行内容を比べて、山行の状況をメンバーに報告します。報告には実際の山行の写真などを使って行うことが多いです。また、計画中の山行について計画者が山行の内容を説明し、一緒に行くメンバーを募集します。

②勉強会
    登山をするにあたって必要な知識や技術を習得するために、担当者がメンバーに対して自分が調べてきたことを紹介して、より安全に登山ができるための機会を作っています。メンバーは担当者が調べてきたことについて質問や意見をして、より内容の濃い勉強会にしていきます。
    勉強会は登山の厳しさ・楽しさを一緒に学ぶための貴重な機会となっています。
 
 医療講習、ビバーク(緊急露営)の勉強会風景


③各係、メンバーからの連絡
    ワンゲルではその組織を保つために様々な係を設定して、各係はワンゲルの活動に必要な作業を行っています。その各係やメンバーからワンゲル全体に伝えたいことがあれば、ミーティングの場を利用して連絡します。

の3点になります。

トレーニング

 トレーニングは毎週火曜ミーティング後・木曜日の18:30~行われます。
 集合場所は体育系サークル会館2階のワンダーフォーゲルクラブの部室で、主に1時間程度、筑波大学の周辺をランニングしたり筋力トレーニングなどを行っています。
 登山をより楽しむためには、もちろん山を登るための体力が必要になります。沢登りや冬山登山などではもちろんですが、夏山登山でも自分自身のためにもトレーニングをすることは基本であり重要なことです。ですが、ワンゲルの活動はミーティングを除いてメンバーの自主性を尊重しているためトレーニングの参加も自由参加となっています。

 年間活動予定

 4月   新歓、筑波山登山
 5月   新人研修山行
 7・8月 夏の合宿などなど
 9月   夏の山行報告会
 10月  秋の全体山行、学園祭
 11月  ワンゲルマラソン
 1月   新年会、スキーツアー
 3月   親睦山行、追いコン

4~10月:沢登り研究班の活動時期 11月~3月:冬山研究班の活動時期 通年:岩登り研究班


  ワンゲルマラソン、スキーツアーの様子

【登山の魅力って?】

 

 登山の魅力は人それぞれ違いますが、大きな魅力の一つはその眺望の素晴らしさです。
 北アルプスや南アルプスなどの標高3000mを越えるような山脈の上では、大きな樹木があまり生えていないため、晴れたときには360°の眺望を味わうことができます。自然の素晴らしさを体全体で味わうことができます。
 また、山の中には様々な種類の花があったりと、見る人の目を楽しませるような自然がいっぱいです。このような素晴らしい自然の中を歩くことは普通に大学生活を送っているだけでは、決して体験することができないことです。
 眺望のほかにもワンゲルだからこその登山の楽しさもあります。

 私たちは登山地区へのアプローチをはじめとして、登山が完全に終わるまでの数日間をその山行のメンバーと一緒に過ごします。
 一緒に山に登ったり、ご飯を作って食べたり、一緒にテントの中で眠ったりとメンバー同士でいることが多いためメンバー間の仲がより深くなります。
 登山を終えて帰ってきても、ミーティングで一緒に勉強したり、一緒に夕ご飯を食べたり、飲み会をしたり遊びに行ったりとメンバー同士の交流はとても多いです。
 一緒につらいことも、より楽しいことも味わった仲間はとても大切なものです。
 そのような大切な仲間を見つけることができるのもワンゲルにおける魅力の1つです。

 (下の写真はワンゲルの第1期の大先輩から現役までが一堂に集結する新年会の写真です。このように筑波大ワンゲルはOB・OGとのつながりが深いのも特徴的です。)

【長期とは?】

 

 通常の登山の日数が1~4日間程度なのに対し、長期は10日間以上の長期間にわたる山行のことです。例年、夏休みに北アルプスや南アルプスなどで行われています。
  何日もの食料を一度に持っていくため、どれほど軽量化を図っても全員20kg以上の重さのザックを背負うことになり、通常の山行とは体力の消費がぜんぜん違います。また、ずっと山の中にいるため残念ながらお風呂にはしばらく入れません。
ですが、数日もすると生活リズムが山の生活リズムに切り替わり、早寝早起き、運動もしてしっかりご飯も食べるという規則正しい生活が送れます。
  このハードな工程を経験することで体力や根性、精神力などが鍛えられ、メンバー全員が人間的に成長して帰ってきます。このような無茶な工程は、体力もあり時間もある大学生のうちでしかできないことで、一生の思い出になることは間違いありません。
  夏の3000m級の稜線は、晴れたときにはとても気持ちがいいです。特に北アルプスなどでは普通に暮らしていたら、一生お目にかかれないような景色を存分に味わうことができます。
そして、長い期間苦労も喜びも一緒に味わった仲間は一生の宝物になります。

 これが、長期の魅力です。

  
 

【研究班とは?】

 

 筑波大ワンゲルは無雪期登山のみならず、沢登りや冬山登山などのバリエーション活動を積極的に行っています。筑波大ワンゲルでは過去の事故を教訓にして、バリエーション活動を行う場合には沢登り研究班もしくは冬山研究班への所属を義務としています。
 もちろん、ワンゲルの活動は原則自由参加なのでバリエーション活動を行わなくてもかまいません。
 この研究班においては通常ミーティングで行われる勉強会とは別に、各バリエーション内容に特化した勉強会を開き知識の向上を図っています。また、並行してバリエーションにはロープワーク・アイゼンワークなどの高度な登山技術の習得が必要となるため、技トレと呼ばれる特殊な登山技術を身につけるためのトレーニングを行っています。
 このようにバリエーション活動を行うには様々な義務がありますが、通常のルートとは違うルートを通ったりして果てしない充実感があります。
 知識・技術を身につけすれば、今まで写真でしか見ることができなかった景色を自分の目で見ることができるし、自分の視野を広げ、さらに登山を楽しむことができます。

【沢登り研究班】

  

沢登りとは、山の中を流れる川(沢)を伝って登っていく日本独特の登山のことです。

思いっきり暑い夏の日に水に飛び込み、自然が作り出したウォータースライダーで遊ぶ。
目の前に大きな滝が出てくれば、ロープを出して安全を確保しつつ登る。
こんな楽しいことがほかにあるでしょうか。
はしゃぎ過ぎて少し疲れたら釣りでもしましょう。夜のオカズが豪勢になります。

いい頃合いに幕営地に到着したら、まずは焚き火の用意です。
大小各種の乾いた枯れ木を拾い集めてきましょう。
集まったら火を起こしてご飯の準備です。
料理を作りながら、焚き火でマシュマロやソーセージを焼いちゃいます。
食事が全て出来たころには、水辺に置いておいたビールもキンキンに冷えて待ってます。

待ちに待った宴会の時間ですが楽しい時間もあっという間、夜はすぐに暗くなってしまいます。
焚き火や食事の後始末を済ませたら、素早く寝袋にもぐりこみ明日に備えます。


自然が作り出した魅惑のアトラクション、沢登り。
焚き火にあたり岩魚やマシュマロを焼きながら一緒に語り明かしてみませんか・・・


     

【冬山研究班】


 

 筑波大ワンゲルでは本格的な冬山登山を行っています。
先に述べたように自由参加です。
 冬山登山ではアイゼン(鉄の爪のようなもの)を登山靴につけて歩き、場所によってはロープを使って安全性を高めながら、高所山岳地帯の登頂・縦走(山の尾根に沿ってに歩くこと)を目的とするものです。
夏山と同様、冬山でもテントによる幕営を行ったり、時には雪洞(かまくら)を掘ってその中で泊まることもあります。
強風に耐えつつアイゼンを軋ませ岩を登り、行く先に目を凝らす。

本物の登山です。

 無事登山を終えたときには、日常生活では味わえない強烈な達成感があります。
 冬山縦走登山では得られた経験には言葉では伝えがたいほど非常に大きなものがあり、冬山を1シーズン乗り越えることは人生の大きな糧となることは間違いありません。冬山を乗り切ることで「やれば何でもできる、行こうと思えばどこにでも行ける」という気持ちが湧いてきます。
 時に優しく、時に厳しい自然と向き合うことで本物の「ワンダーフォーゲル」になりましょう。
 もちろん冬山から下りたあとの温泉は最高の贅沢です。

追記ですが、2013年には部員の角田がヨーロッパアルプスでの海外登山を行いました。
マッターホルンやモンテローザといった高峰に登り無事帰ってくることができました。これも冬山研究班での経験のおかげです。

  

【岩登り研究班】

 普段はクライミングジムでクライミングの練習をし週末や長期の休みを利用して、外岩にボルダリング(高さ約5m以内の岩を登る)やリードクライミング(ロープで自分を確保しながら、高いときで25mほどの岩を登る)、マルチピッチクライミング(リードクライミングでは登れないような高さの岩を登る)をしに行きます。岩登りは普段味わうことのできない緊張感を味わうことができる、エクストリームスポーツです。これは実際に外岩で体験しないと分からない爽快感があります。岩登りの技術は他の研究班活動でも活かすことができ、山行のバリエーションも広がります。

【リーダー会について】

  筑波大学体育会ワンダーフォーゲルクラブとは?でも少し書きましたが、筑波大ワンゲルでは山行の計画を立てるときには必ず、リーダー会という場に計画を提案して山行の安全性を審査しなければいけません。

 リーダー会の構成員となるリーダー会員はワンゲル3・4年目のメンバーで構成されます。これは、リーダー1人だけで計画を見ていくと見落としてしまう部分があるし、他の様々な人の意見を聞くことができる貴重な機会になるため必要となります。

 リーダーとなる人はただ計画を立てればいいというわけではないので大変になることがありますが、経験豊富な上級生の意見を聞くことで「より安全でより楽しい」山行にすることができると思います。
  ただ、客観的に見ればリーダー会員も登山歴はまだまだ浅いため、リーダー会員も悩みながら審査することもあります。そのため、リーダー会を通して山行のリーダーだけでなくリーダー会員にとっても登山の安全性をより深く考える場にもなっています。

 

Posted by November 17th, 2017