TF 用のフェアリング


さて、機体製作もそろそろ追い込みということで機体のパーツが続々と姿を表しています。

先日はフェアリング班がTF用フェアリングを組み立てていました。

本番ではもう少し後縁の長いものを使用しますがTFでは短いものを採用することで後ろパイプのキャッチがしやすいようになっています。image

image

 

image

 

いかがでしょうか?

そろそろ新歓も始まり、図書館下も騒がしくなって参ります。

それではまたすぐ更新します。

One thought on “TF 用のフェアリング

  1. 初めてコメント差し上げます。
    鳥人間で審査員をやらせていただいております山本というものです。
    審査員といっても大したものではなく、本当に偉い方々の補佐的仕事をするのが私の役目です。
    実は私は隣町の石岡市在住で、スカイスポーツ関係の部品などを製造するメーカーを営んでおります。
    弊社は日本で唯一固定翼ハンググライダー(オールカーボン製可動翼機)などの修理も行っております。
    ハング・パラグライダー連盟にて安全性を管理する役職もいただいております。
    実は今回ご連絡差し上げたのは、私も人力飛行機の勉強をさせていただきたいと思ったからです。
    私の専門はもっぱら滑空機、それも足で離着陸するフットランチで、人力飛行機の知識については正直素人です。
    しかし、鳥人間大会現場では人力機についても安全審査を行わなければいけないため、もっと私自身人力機について勉強しなければいけないと以前より感じておりました。
    もしよろしければ、そちらの作業風景など見学しながら勉強させて貰えないでしょうか?
    わたしのメールアドレスも記載しておきます。
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です