じぐたて!


こんにちは、プロペラ班のおおむらです。

今年の春、代替わりをした直後は雌型をNCで切り出してモノコックのプロペラを作るぞと息巻いていたプロペラ班ですが・・・

紆余曲折あり最終的にはいわゆる”バルサペラ”と呼ばれる製法で作っていくことになりました。

一口にバルサペラと言っても積層構成、前後縁の作り、治具の立て方など色々ありますが、詳しいことは明日の交流会でお話しできればと思います。(僕は行けませんが・・・)

 

そんなプロペラ班の現在の進捗はというと、ひとまず昨日治具の設置まで完了しました。

こちらがその写真です。

IMG_6611

IMG_6612

IMG_6613

こんな感じになってます。

来週からはいよいよリブと外皮の切り出し、そして接着となっていきます。

乞うご期待。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です