年内の20代TFが終わりました!

ブログをしばらく更新しておらず、申し訳ありませんでした。

今回のブログは、なんと!!!20代の代表と設計主任のお二人に書いていただきました!!!
急にお願いしたのにも関わらず、こんなにしっかりした文章を書いていただけて本当にありがとうございます!

 

 

 

こんにちは。20代(前)代表の金子です。
まさか、引退してからブログを書くことになるとは思いませんでした(笑)

今回は現役のブログをお借りして、20代テストフライトのご報告をさせていただきます。コロナウィルスの流行により先延ばしになっておりました20代機『鶚(ミサゴ)』のテストフライト全3回を、先月無事実施することができました!初回と第2回は機体を浮かせることはできませんでしたが、3回目で遂に機体を浮かせることに成功!短距離試験まで行うことができ良い年越しができそうです…詳しいことは設計主任の村井の方から報告してくれると思います(多分)

実際テストフライトでは、今までの先輩たちのテストフライトでは感じたことのない緊張感がありました。自分はフレーム班に所属しているのですが、自分たちで制作したフレームが本当に安全かどうかを最終的に判断するにはテストフライト以外になく、フレームが壊れる=パイロットや他のグランドクルーに危害が及ぶことを意味しています。そのためフライトの間は1秒たりとも気を抜くことはできません。また、代表として運営にミスがあった場合、貴重なテストフライトの時間を奪ってしまうことになります。そんなプレッシャーを感じながらのテストフライトは非常に疲れました……

これからのテストフライトの予定については具体的な日程が決まり次第報告させていただきますが、春休み(2月下旬〜3月)あたりを予定しています。まだまだ後輩に迷惑をかけますがどうかご容赦下さい…そういえば、読売テレビ主催の鳥人間コンテストの案内が来たようですね〜折角だったら出場してみてもいいんじゃなかなぁって老害OBながらに思っています(色々大変なのは否めないけど…)

以上、お読みいただきありがとうございました。老害OB20代代表の金子からでした〜

 

 

 

ご無沙汰しております、20代設計主任の村井拓海です。今回は最近のサークル活動と先日行った20代の試験飛行についてご報告いたします。

先のコロナ禍での活動形態の決定に関して皆様に御心配をおかけしたしましたが、漸く活動制限が解除され20代機「鶚」のテストフライトを開始することができました。予定から送れること7ヶ月、実に1年半ぶりの待ちに待ったTFということで気合十分で臨みました。そして第3回TFで製作誤差の修正や尾翼迎角の調整を行い、遂に機体を浮かせることに成功しました!ご協力くださったOB・OG様方、本当にありがとうございました。ただのカーボンパイプの状態から1年かけて作り上げた機体が飛んだ瞬間の気持ちは忘れられません。毎日後方動画を見返してしまいます(笑)。同日には短距離試験まで成功し、これからも時間の許す限り、桶川飛び切りを目指してどんどん距離を伸ばしていきたいです。

近頃は冷え込みますので皆様もお体ご自愛ください。失礼いたしました。

 

 

 

 

20代TFについて書いていただきました。
私も物品係としてOBさんの資料を確認し、先輩に師事しながら積み込みを行いました~

また、大学より作業の自粛要請が出ましたので、各班の進捗が生まれにくくなってきていると思います。
そこで、ブログの更新を2週に1度火曜日にしたいと思います。
毎週楽しみにしていただいてる方は自粛解禁まで今しばらくお待ちください。
団体作業が始まり次第、週1に戻しますので…

20代第1回TF!!!

11/15(日)の早朝、大利根飛行場にて20代第1回TFが行われました!
沢山のOB,OGの皆様、関係者の方にご協力をいただきました。
本当にありがとうございます。
今後のTFもよろしくお願いいたします。

さて、今回のブログは21代からの視点でTFの様子をお届けします!
書いてくれたのは21代代表の森君、設計主任の玉井君、パイロットの宮城君、そしてプロペラ班長の中川君です!

 

 

 

こんにちは。21代代表の森です。
さて、今回の2020年度初回TFですが、、、とにかく寒かったです。一応道産子ですが茨城の夜は寒すぎます(笑)

去年のTFは入会してまだ数ヶ月だったので機体のこともよくわからなかったのですが、今年は1年間制作を見てきた機体が「飛行機」として滑走路を走る姿に感動しました!
と同時に、(自分達は2年かけて機体を作るので)再来年は自分達が主体となってTFを運用することを考えると、身が引き締まる思いでした。
まずは自分達の機体でTFができるよう、これから制作を頑張っていきます!!

 

 

こんにちは!21代設計の玉井です。
待ちに待った20代TFでした!

今回のTFでは転がし試験のみを行いました。自分は20代設計主任の先輩と追走車から機体の様子を確認していたのですが、機速が上がるにつれ翼がどんどんたわみ始め今にも飛び立ちそうな、そんな予感を感じる滑走でした😌今回は色々とイレギュラーな事態が重なり、改めて先輩の偉大さを実感しています。来年はキチッと自分が主体となって機体を運用できるように、次週以降も集中して頑張ります!

 

 

今年度最初のTFは厳しい環境でのTFでした。反省すべき点はたくさん見つかりましたが、得られるものもあり、次回以降に生かしていきたいと思います。
21P 宮城

 

 

プロペラが壊れました、、、
21代ぺら班長の中川です。
残念ながらペラの1部にヒビが入ってしまいました。練習走行2回をやって全力走行終了しペラ保持時に気づいたようです。TF終了から、すぐにペラの状態を確認し、原因捜索中です、、、次のTFは18か19代のTFペラを利用することになります。2本目の練習走行の際にはスピナーコーンの固定が緩んでもいたようです。固定の仕方も考えなくちゃ(°▽°)
次ノTFはうまくいきますように👍

 

 

 

 

ブログ担当者あとがき

秋のTF……
霧も出ていたためか、想像の3.5倍寒かったです。
寒いというよりもはや痛かった……
北関東の寒さをなめてました。
前パイプを支えていたのですが、冷たいのなんの。
桁班の接合がとてもとても大変そうで……
また、休憩をとるときの温かい差し入れには涙がにじみました。ありがとうございました。
夜から明け方にかけては霧が出ていたのに朝になると、嘘のように暖かくなって青空が広がりました。

ご覧ください!雲一つない!もはやなんの写真かわかりませんね。
次のTFは裏起毛のズボンとカイロをお供に挑みたいと思います。

いつもTBWをご支援いただいてい皆様のおかげでTFも怪我人なく無事帰ってくることが出来ました。
これからもよろしくお願いいたします。

次回のブログは第2回TFについてになるかと思います!(まだなにも考えていません)
お楽しみに!

新歓とTFについて

今回のブログを書いてくれたのは21代パイロットの宮城君です!

彼を琵琶湖に落とせるように21代一丸となって機体づくりに励んでいます!

 

 

こんにちは、21代パイロットの宮城ひろやです!

活動報告、ということで新歓とTFについて話したいと思います。

今年度も新歓担当はパイロットが行っているのですが、昨今の状況下ではなかなか例年通りとはいかず、オンラインで行ったり、複数団体で行ったりと試行錯誤しながらやっていましたが、10月より活動許可が出たのでようやく新入生とも会うことができました!

もう年末も見えてくる時期になりましたが、これから一緒に活動できる仲間が増えるといいなぁと思ってます。

TFについては、これもまた某流行病のせいでかなり影響を受けましたが、なんとか20代機を飛ばすことができそうで、自分も嬉しいです。ただ急に決まったことでもあったので、今はTFについて鋭意準備、勉強中という感じです。

寒さも厳しくなる時期なので、体調には気をつけて頑張りたいと思います。

21代P 宮城博也

 

 

ブログ担当者のひとこと

先日TBWは20代機の全組試験を行いました。
迫りくるTFが楽しみと不安が入り混じっています。
20代機を飛ばせるように全力で挑みたいと思っています。
これからもご支援、ご協力のほどよろしくお願いします。

プロペラ班活動報告!

今回のブログはプロペラ班の活動報告です!
プロペラ班はとても仲がよくて(他が悪いわけではないですよ)楽しそうです。
職人技が光る班ですね。

 

 

21代ぺら班長の中川です。

今はテストピースを作っています!試していることは前縁部分をスタイロ充塡する方法です。
スタイロにすることで、前縁部分を苦労せず、外皮による前縁より精度が出るのでは?と思っています。
作っていると切り出すリブの形を変えないと隙間ができちゃう、、スタイロをどこまで入れようか?と考えることが大変です。

さらに今年はペラ治具をNCで切ろうと思い試しに切ってみました。
が切るスピードがとても遅い。ペラ治具1式を切り出して、研究期間中にペラ1本作ろうと思っていたのが、治具切り出しで予定が押しています(´-`).。oO


11月中に治具切り出しを終えて、21代でペラ1本を作りたいです!

 

ブログ担当者あとがき

実は、TBWは大学からのTFの許可を受けました!
11月中に3回のTFを予定しております。
感染対策を行いながらのTF……
気温も低そうですし22代はまだ入会していないと不安はたくさんありますが、20代の機体を飛ばしたいです!!

これからもご支援のほどよろしくお願いします。

パイロット近況報告

こんにちは!

僭越ながら、令和初のブログ記事を書かせていただきました、TBW19代パイロットの酒井です。

鳥コン合格報告以降、長らくブログを更新していなかったので、今回お伝えしたい内容が沢山あります。大分長めの文章となってしまいましたが、ご容赦ください。


Continue Reading…

最終TF報告&三役挨拶

こんにちは代表の真下です。

7/22(日)早朝に最終第8回TFを行いました。
現執行代である3年生はこれが最後の活動となります。

多くの苦難や不運に見舞われ、順風満帆とはお世辞にも言えない代ではありましたが、腐らずに活動を続けて最後にはこうして立派な機体を飛ばすことができました。
これもひとえに、ご応援ご協力いただいた皆様のお陰です。19代、20代、OB様方、保護者の皆様、ご支援下さった地域の方々、今までありがとうございました。

思えばあっという間の1年でしたが、自分みたいないい加減な代表についてきてくれた18代・19代には感謝の言葉もありません。

この18代10人で最後を迎えられたことを幸せに思います。(ほんとはもう1人くらい居てほしかったけど)

そして19代もこれから始まる執行代としての1年を、きっと立派に務めあげてくれると信じています!

20代の子達もみんな熱心なので、19代と活動しつつ来たる自分達の執行代に向けて存分に力を蓄えてくれることでしょう!

いつかやってくる栄光を信じて。皆様今後とも筑波大学つくば鳥人間の会をよろしくお願い致します!!

 

パイロットでした、関根です。最終TFから数日が経ち、少しずつ引退したことを実感してきています。
人事を尽くしてもなかなか天命が来ない18代でしたが、最終TFはこれ以上ない完璧なコンディションでした。そんな中、飛び切りを数本とS字飛行にも成功しました。最後の最後で事故なく終われたことに安堵しています。ここまで支えてくださったOBさん方には感謝の気持ちでいっぱいです。また、18執行代についてきてくれた19代にも感謝が尽きません。でもやっぱり一番感謝しているのは同期のみんなです。みんながいたから最後までトレーニングや減量を続けてこられたと思います。

正直桶川を飛び切ったぐらいではまだまだ全然飛び足りないです。操縦がしやすく低出力なこの機体を滑走路の中だけで飛ばすのは本当にもったいないです。どこか広いところで無限に飛ばしたいです。でも、もう僕が飛ぶことはありません。これからは後輩たちの時代です。来年度は今年よりもさらに本格的なディスタンス機になるはずです。来年こそは琵琶湖で飛んで欲しいと願うばかりです。

1年間応援ありがとうございました。これからもTBWをよろしくお願いします。お疲れ様でした。

 

設計の上田です。
最終TFは天候もよく、普段より広い滑走路で条件よく飛ばすことができました!
今年は1度も大きなクラッシュを起こすことなく無事にTFを終えることができました。最後にはスラロームも綺麗にでき、最終にふさわしいTFになったと思います。18代は本当に色々なことがありました。僕自身分からないことばかりで、多くの人に助けてもらってここまでやってこれました。

無茶なスケジュールの中機体調整までいつも間に合わせてくれた翼班、接合部が増えても回を重ねるごとに接合の早くなった桁班、無茶な着陸にも耐えてくれた丈夫で精度の良いフレームを作ってくれたフレーム班、たった一人の執行代で基盤を完成させ一度も電装トラブルでTFを止めなかった電装班、毎週末TFという時間のない中かっこいい装飾まで完成させてくれたフェアリング班、協力して美しいプロペラを仕上げてくれたプロペラ班の後輩たち、そして誰にも弱音を吐くことなく日々必死にトレーニングを続け、一度もクラッシュすることなく偏流・スラロームまで飛ばしてくれたパイロット、このどれか一つでも欠けていれば鶫はここまで良い機体に仕上がらなかったと思います。

ここまでついてきてくれたTBWのメンバー、力強いサポートをしてくださったOB、OGの方々、そしてつくば鳥人間の会18執行代を応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

ディスタンス部門で必要になるフライトデータは十分に残すことができました。19代は設計ももう動き始めています。来年こそは、鳥コンの舞台に戻りビックフライトを見せてくれると信じています。引き続きつくば鳥人間の会の応援をよろしくお願いします!

第7回TF報告 & フレーム班報告

こんにちは!
先日7/15(日)早朝に行われた第7回TFについてご報告します。

(ついに装飾・塗装されたフェアとペラについては次回以降のブログで書きそうなのでスルーするよ。一言だけ言うなら、めっちゃ好き)

今回は第6回以上に天候に恵まれ、機体組立が日の出頃には終わったこともありロングフライトを9本行うことができました。
機体とパイロットの調子も良好で、定常飛行時にはまるで止まっているかのような綺麗な飛行を見せてくれました。
飛行場の飛び切りを達成し、スラロームにも挑戦することができ、非常に有意義なフライトになったと思います。

ただ、フライトとフライトの間の動きやGCの動きにはまだまだ改善の余地がありそう…。
1本でも多く飛ばすため、そして安全なフライトのために、次回最終TFでその辺りを修正できたらなと思います!

(今年のチームTシャツも届きました。今後触れるのかよく分からないので、とりあえず「こんなんだよ↑」とだけ)
(天候によっては今回が最後かもということで、みんなで鶫ちゃんと一緒に「かわいいのポーズbyパイロット」)

また今回のTFも当会のYouTubeチャンネルに投稿されますので是非ご覧下さい。

 

はい、続きましてフレーム班の活動報告です。どうもフレーム班主任の真下です!

完成してみて、今年のフレームは昨年の反省をフルに活かした精度&強度ともに結構な仕上がりになったのではないかなと嬉しく思います。
忙しくて新しいことはあまりできませんでしたが、1年間作業する中で妥協は一切しなかったので悔いはありません。
一緒に作業してくれた19代、手伝ってくださったOB様方ありがとうございました!

では最後に、個人的に一番好きな部分を紹介します。

右…パイロットシート(命名:夢空間)と、左…背もたれ(命名:エデン)です。

パイロットの関根の一番楽な姿勢に合わせつつ、強度確保・軽量化に努めた合計256.0gの力作。
ディスタンス機となり長時間漕ぐことになる(はずだった)関根が疲れず漕げるようにした完全オーダーメイドです(曰く「寝れる」)。
しかし来年のパイロットに座らせたらどうも合わない様子。パイロットの体格や漕ぎグセの僅かな違いで大きく変わってしまうものなのだなあと改めて驚きました。

エデンはなんちゃってモノコック(3Kクロス~5ply)となっており、適度なたわみで関根の背中を優しくカバーしてくれます。モノコックにした一番の理由はたわませたかったからではなく、琵琶湖で給水袋をエデンの中に突っ込むためだったのですが、まあ、うん…。

何はともあれ、パイロットのために最適化した軽量&機能的な搭乗部を作るのが代替わり時からの一つの悲願だったのでとても嬉しいです!

 

最終TFまであと5日。最後まで頑張って行こうと思います!
今後とも応援よろしくお願い致します!

 

P.S. 桁班のやつめっちゃ初耳だし、文章からしてアップし損じた過去の記事ってモロバレやんけby代表

第6回TF報告&桁班作業報告


まずは遅くなりましたが、7/8に行われました第6回試験飛行のご報告です。

第6回は横風が強いなか、風の弱いタイミングを見計らってなんとかフライト本数を稼げました。一本一本のフライトがとても質の高い有意義なフライトとなりました。パイロットOBさんの適切な指導によりパイロットの操縦技術も格段に上がりました。いろんなOBさんに褒めてもらえました。美味しい差し入れもいただき、会員一同嬉しい限りです。

また動画も当会のYouTubeチャンネルに投稿されますので是非ご覧下さい。7/15に行われました、第7回のTFに関してもまた追ってご報告いたします。

 

次に桁班からの作業報告です。

こんにちは、桁班3年の鈴木です。

桁班は主翼の1次構造を司る、笑顔あふれる班です。

我が班の強みはなんとパイロットがいる班なのです。テレビで活躍することを想定していますからさぞかしユーモアでギャグセンスがあるのでしょう。

 

そんな桁班のとある夕方の作業を見てみましょう。

今回は主翼の副桁部分のマウント部の製作の様子をご紹介いたします。

マウント部は、こちらの主翼(写真は中央翼)とフレームをくっつける部分にあります。

 

副桁部分のマウント部、即ちリアスパマウント部は、この赤い囲いの部分となります。

 

 

まず、こちらが

中央翼の全貌です、ここから、あらかじめ切り出した部品(カーボンプレートと木材)を接着していきます。ハタガネと緑色のビニールテープを用いてしっかり固定します。

 

 

次に、木材の露出を隠すように、カーボンクロスを巻きます。巻くときは、うまく接着してくれるように、伸縮性のあるビニールテープで圧着します。

このようにぐるぐる巻きにしますね。写真は当会パイロットの手です。

 

 

ん?よーくみてみると、

 

 

 

 

 

 

 

なんと、当会代表の顔写真!!

 

リアスパマウント部のくぼみを上手く利用して、代表の写真をお守りにしました。

これでリアスパマウント部製作の成功を見守ってくれると思います。ではまたいつか。

▲スマホを片手に楽しそうな撮影会です。

 

第5回TF報告

お久しぶりです。設計主任の上田です。
今回は、先週日曜に行った第5回TFの報告になります!

天候の問題で、指示だしを行う追走車が出せないというトラブルで、僕もロードバイクで追走することになりました!バイクジャージでパイロットとペアルックですね!

慣れない形で戸惑うこともありましたが、何とか無事、TFを終えることができました。

前回のTFで飛ばすことはできたので、これからはより安定して、あるいはより性能を発揮できるように調整していくことになります。
距離を飛ばせるようにするためには、性能発揮だけでなく機体を安定させてパイロットが漕ぐことに集中できることも重要です。手を放しても飛び続けられる機体には憧れますね!

今週は横風が強く、なかなか飛ばし辛い天候でした。あまり距離も飛ばせませんでしたが、偏流飛行をこの時期に体験できたのは僕にとってもパイロットにとってもいい経験だと思います。

自分の設計した機体が飛ぶことは、言い表し難い感動があります!折角なので、納得いくところまで調整していきたいですね。次回TFにむけ、万全の用意をしていきたいと思います!

以上です!

 

第3回TF報告

お久しぶりになります。パイロットの関根です。

今回は、先週行った第3回TFの報告になります。
天候に恵まれなかった初回第2回とは打って変わって、風がなく天気もよいTFになりました。

ついに、満を持して、2018年機の鶫が飛びました!

自分たちの代の機体が飛ぶ姿を見るのはとても感動でした。語彙力が無くてこれ以上感動を伝えることは難しいですが、すごく嬉しかったです。

また、嬉しさを感じるとともに、飛行機の操縦の難しさも感じました。何度も何度もイメージしてきましたが、実際に漕ぎながら機体の挙動を感じつつ適切に操縦するのはとても難しいですね。こんなに頭を使ったTFは初めてでした。

これからほぼ毎週TFに行きます。誰が見ても安心して飛ぶ姿を見れるように頑張っていきます!

以上です!

また今回のTF動画も当会のYouTubeチャンネルに投稿されておりますので是非ご覧下さい。