東北水昆遠征

タグ

投稿日 2020年9月23日

更新日 2020年9月23日

9月18日~20日にかけて、東北地方に水生昆虫を探しに行きました。

茨城ではなかなかお目にかかれない種類がたくさん見られたので報告します!

 

 

オオイチモンジシマゲンゴロウ Hydaticus pacificus conspersus Regimbart, 1899

 

漆細工のような模様が美しすぎるゲンゴロウ。かっこいいしでかいし綺麗だしで魅力が大渋滞している。八重山・沖縄本島の個体群と比べるとかなり大きめで、丸みが強い。東北地方の個体群は関東以西の個体群と比べてもさらに体が大きいらしく、ハンドブックのHさんも「やっぱでかいよね!」と興奮していた。

かつては茨城県にも多産地があったらしいが、ゴルフ場の建設で30年ほど前に壊滅した。平地のゲンゴロウで、本州の個体群は湧き水=低水温への依存度が高い気がする(八重山だと水たまりとかにもいる)。また、好む水深も南西諸島の個体群より深めな印象だった。平地×湧き水×落ち葉の堆積×木々に囲まれた暗い環境が必要という超特殊なゲンゴロウなので、全国でどんどん数が減っている。

 

 

 

ツブゲンゴロウ(無紋型) Laccophilus dificilis Sharp, 1873

 

つくばにも生息しているものの、茨城で見られる場所は割と限られる。通常は鞘翅に特徴的な模様が入るが、この個体にはそれが無い。日本の水生昆虫(以下魔導書)という本に存在が記されているが、これまで実際に見たことはなかった。野外と繁殖個体でこれまでに数百個体は見ていると思うので、かなりの低確率で出現するか、あるいは地域的な要因が絡んでいる気がする。魔導書には静岡県の個体が掲載されているが、わずかに表れる斑紋の形質が非常に似通っていて面白い。

 

 

 

ニセコウベツブゲンゴロウ Laccophilus yoshitomii Watanabe & Kamite, 2018

 

コウベツブゲンゴロウの隠ぺい種として2018年に新種記載されたばかりの種。これまでに東北2産地、関東1産地で確認しているが、東北の個体は関東で採集した個体よりも模様がくっきりしている。また、なんとなく大きさが大きめな気がする。魔導書を見る限り石川県の個体も東北産の個体に似ているので、どちらかというと関東で得られた個体が特殊な気がする。関東の個体はとりあえず30匹ぐらい増やして確認してみたけど同じような個体ばかりなので、やはり地域差なのではないかと思う。

茨城では30年ほど前にコウベツブゲンゴロウの記録があるが、標本写真を見る限りニセコウベの可能性が高い。そのため、少なくとも記録上、茨城からコウベツブゲンゴロウは未記録なのではないかと思われる。近隣の千葉、神奈川、福島には産地があるようなので、どこかにひっそりと生息している気がする。

 

 

 

チャイロシマチビゲンゴロウ Nebrioporus anchoralis (Sharp, 1884)

 

淡い茶色が最高にお洒落なゲンゴロウ。日本産シマチビ属4種は非常によく似ているが、この種だけはかなり分かり易い(まだヒメシマとチャシマしか見たことないけど)。なんかゴツい。他のシマチビ系と比べて、止水寄りの環境で見られた。話には聞いていたものの結構違和感があった。池でアユが釣れる感覚に近いと思う。

 

 

 

謎セスジゲンゴロウ Copelatus sp.

 

魔導書ですらゲニを見ろと言ってくるので、種まで落とすにはやるしかない。少なくとも茨城で採ったセスジゲンゴロウ C. japonicus よりはだいぶ小さい。一緒にホソセスジゲンゴロウ C. weymarni が採れたため、その上翅基部が黄褐色になるタイプの個体か、テラニシセスジゲンゴロウ C. teranishii の可能性が高いのではないかと思う。見た目的にも環境的にもほぼあり得ないが、チンメルマンセスジゲンゴロウ C. zimmermanni だったらなお嬉しい。

 

 

 

チュウブホソガムシ Hydrochus chubu Balfour-Browne &M. Sato, 1962

 

地味に今回一番サプライズだったのがこの種。この属は国内に4種いるが、うち1種は現存産地が1~2か所、もう1種に至っては1977年にタイプ標本が採集されて以来記録が途絶えているUMAである。本種は本属においては恐らく最も採り易いが、少なくとも自分はこれまでに見たことが無かった。実際この個体が採れた池では他にオオイチモンジシマゲンゴロウ、ヒメケシゲンゴロウ、ケシゲンゴロウ、ニセコウベツブゲンゴロウなど、そうそうたる面々が顔をそろえていた。生息域はかなり広く、もしかすると茨城にもいるのかもしれないが、そんな池は見たことが無いのでなかなか厳しそうである。