筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

ワンダーフォーゲルクラブ

「ワンダーフォーゲル」という言葉はドイツ語で「渡り鳥」を意味し、《自由》にあちこちを遍歴するという意味があるそうです。

私たちの活動は登山という大きなくくりの中にあり、山頂を目指す者や、川や滝を登る者、岩を登る者など、その活動と目的は多岐にわたります。どこに行って、何をして、何を得て帰ってくるのか、すべて自分たちで決めて計画を立てます。まさに《自由》な遍歴です。低山の日帰り山行から日本アルプスを10日間以上かけて縦走する山行まで、メンバーは自分の希望で参加する山行を選んでいます。そのため、大学から登山を始めた人も積極的に活動に参加しています。

とはいえ、登山は常に自然の脅威と隣り合わせです。私たちの山行には、プロのクライマーやツアーのようなガイドが同行するわけではありません。メンバー全員が登山の危険を知り、それを避けるすべを身につけなければいけません。そこで私たちは、少しでも安全な登山をするために、トレーニングで体力をつけ、勉強会で登山に求められる知識をつけています。誰かについて行くだけではなく、自ら主体的に活動できるように日々の活動を行なっています。

活動曜日・時間 火木 18:30~ 週末や長期休暇など
活動場所 火曜日 5C507もしくは5C513, 木曜日 5C307
部員数 52人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~twvc/
団体SNSサイト

Twitter@twvc_tsukuba 

facebook筑波大学体育会ワンダーフォーゲルクラブ

コラム

「代替わりしての意気込み」

時の流れは早いもので代替わりの時期がやってきました。近年、当クラブは部員が増加傾向にあり部としての活動もより勢いづいてきています。しかし、人数増加によるキャパシティや装備の不足、個人の活動量の差などの懸念も出てきています。これから自分たちが新たに部を運営していくためにはどうすべきか。引退した先輩方から学ばせていただいたことを胸に、山での安全を第一に、そして何より山を楽しむことを目標に進んでいく所存です。
今年も新入生歓迎のためのイベントを企画しています。団体ホームページやTwitterで随時、情報を更新しておりますので是非ご覧ください。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。