筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

フェアリースキークラブ

私たちフェアリースキークラブは基礎スキーの同好会です。基礎スキーとはスピードではなくスキーの滑りの美しさを競う競技です。シーズン中の週末や長期休暇を利用して合宿を組みスキーに励んでいます。2018-19シーズンは短いものでは日帰り、長いものでは4泊5日の計6回の合宿を予定しています。私たちは同好会ですので自分の予定や予算に合わせて合宿に参加することができます。また、合宿だけでは滑り足りないという人は、個人的に人を集めてスキーに行ったり、スキースクールでアルバイトをしながら山ごもりしていたりします。

2018-19シーズンは会津高原高畑スキー場をホームゲレンデとして活動します。部員のレベルは様々ですが、それぞれの部員が検定や大会を目標にしています。検定はSAJ(全日本スキー連盟)が主催するもので基礎スキーの技術の指標となっています。また、全国学生岩岳スキー大会の基礎スキーの部に参加しています。主に上級生が下級生に指導することで部員全員のスキー技術が上達することを目指しています。年5回ほどスキースクールの方や顧問の先生から指導を受ける機会もあります。オフシーズンはスキーと動きのよく似たインラインスケートや筋トレなどをしてシーズンに備えています。

活動曜日・時間 火金 18:30~20:00
活動場所 Tドーム横
部員数 25人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~fairyski/
団体SNSサイト

Twitter

facebook

コラム

「1年の振り返りと2019年への意気込み」

2017-18シーズンは菅平高原スノーリゾートをホームゲレンデとして活動しました。SAJの検定には2級に3名,1級に1名合格しました。また,全国学生岩岳スキー大会の基礎スキーの部に7名の選手が参加しました。2018-19シーズンは会津高原高畑スキー場にホームゲレンデを変更して活動します。今年は多くの1年生が入部したということもあるので,SAJの検定により多くの人が合格できるように取り組んでいきます。また,全国学生岩岳スキー大会への参加に意欲的な部員も多いので,個人としてもクラブとしても昨年度以上によい結果を残すことができるようより一層努力します。そろそろシーズンインが近いので部員の士気が高まってきています。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。