筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

バレーボール同好会

私たちバレーボール同好会(以下バレ同)は水・土・日の週三回、球技体育館でバレーボールをしています。真剣にプレーをしつつも、楽しい雰囲気で練習ができています。一年を通して、春、秋に行われる同好会リーグで勝ち進むこと、理工科系リーグで昇格すること、また試合の中で楽しむことを目的としています。普段の練習以外にも毎年夏休みと冬休みに合宿に行ったりして親睦を深めています。
近況としまして、男女どちらも春の同好会リーグの期間となっています。男子は予選トーナメントを勝ち抜き,本戦に出場。本線の準決勝トーナメントでは,1回戦2−0のストレート勝ち,2回戦は両セット競ったものの0−2で苦しくも敗退しました。みんなとても楽しんで試合をできていたようです。女子は6月10日の予選トーナメントに向けて,チーム内で改善点を話し合ったり,先輩後輩関係なく互いにアドバイスをし合ったりしながらチーム練習を行っており,とても充実しています。

他のバレーボールサークルには見られないバレ同の特徴として、主に2点あります。1つ目に、練習は男女別々で行っています。それぞれがのびのびとプレーしています。2つ目は人数です。バレ同は他のバレーボールサークルと比べて人数は決して多くはありませんが、その分先輩後輩関係なく深く仲良くなることができます。
新歓の時期以外でもバレ同に入る人はたくさんいます。少しでも興味がある方がいらっしゃいましたら、ぜひ気軽にバレーボールをしに足を運んでみてください。初心者の方でバレーボールがうまくなりたい、という方ももちろん大歓迎です。

活動曜日・時間 水19:00~21:00 土日17:00~21:00
活動場所 球技体育館
部員数 49人
団体webサイト http://6630.teacup.com/volley/bbs
団体SNSサイト

Twitter

facebook

コラム

「夏に向けて、または夏休みの活動と意気込み」

バレーボール同好会では,年に2回,夏と冬に合宿を行っています。今回は夏合宿についてご紹介したいと思います。昨年は山中湖に行き,1日目はバナナボートとBBQと花火,2日目は男女混合のバレーボール大会(上位チームには景品も!)と2年生によるレクリエーション,3日目は班に分かれて観光(各班ごとに2日目よるに計画を立てます)と3年女子の出し物をしました。毎年毎年とても楽しいかけがえのない思い出ができます。

また,夏休み中も普段通り週に3回練習を行っていますが,夏休み限定で週に1.2回朝練があります(もちろん自由参加です)。怠惰になりがちな夏休みですが,早起きしてバレーをするため健康にもいいし,そのあとみんなで朝ごはんを食べて,そのまま海に行ったり,流しそうめんをしたりと1日が充実します。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。