筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

サッカー同好会

サッカー同好会は,個々の技術・人間性の向上のため,日々練習に取り組んでいます.「常に笑顔で,サッカーを楽しむ心を忘れない」をモットーに,相手との駆け引き,いいプレーや勝負へのこだわりといった,サッカーの醍醐味を楽しんでいます.練習は週に3回行っており,月曜日は第2グラウンド,土曜日は春日グラウンド,水曜日は外部のグラウンドを使用しています.基本的には,学類3年生を中心に活動しています.学類3年生の夏までを現役期間として活動する形をとっていますが,現役期間を終えても練習に参加する上級生も多くいます.サッカー同好会のいい点は,このように現役期間を終えた上級生も練習に参加し,1年生から大学院生まで,広い世代のメンバーでサッカーを楽しんでいるところにあります.休暇期間中に行われる大会には,学類3年生までの現役メンバーを中心にチームを編成して参加しています.

メンバーは初心者から元都道府県の選抜に選ばれたことがある人など幅広いです。大会ではほかの大学の同好会や部などと試合ができ、日々の練習の成果を発揮します。現在は総勢60人で直近の大会に向けて練習に励んでいます.

活動曜日・時間 月曜…18:30~21:00@第二グラウンド 水曜…19:00~21:00@外部のグラウンド 土曜…14:30~17:00@春日グラウンド
活動場所 月曜…@第二グラウンド 水曜…@外部のグラウンド 土曜…@春日グラウンド
部員数 65人
団体webサイト http://www.geocities.jp/tsukuba_sakadou/index.html
団体SNSサイト

Twitter筑波大学サッカー同好会

facebook

コラム

「夏に向けて、または夏休みの活動と意気込み」

サッカー同好会は毎年8月中旬に茨城県波崎で2泊3日の合宿を行っています.日中はとても暑く体力的にきついですが、みんな8月下旬に控える大会に向けて、この合宿で自分を追い込みます.波崎周辺で合宿をしている他大学の同好会や部と練習試合を行う場合もあります.

夏合宿ということで、きつい練習だけではなく、もちろん楽しいイベントもあります.去年は、海で泳いだり、夜にはみんなで花火をしたりしました.夏合宿のこういったイベントを通じて、1年生から3年生までチーム全体が交流を深めることは、サッカーで良いプレーをすることにも繋がっていると思います.

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。