筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学ハンドボール部

医学ハンドボール部は医療系の学部の学生を中心とする様々な学部の学生で構成されており、大会等での優勝を目指し活動しています。私たちの部は、練習の際には学年問わず何でも言い合うことができる信頼関係を築けているうえ、部全体として練習とそれ以外とのメリハリがついているため先輩後輩関係なく様々な関わりを持つことができるとても居心地のよい部活となっています。院生やOBOGの方々なども多く練習に来てくださり、さまざまなアドバイスやサポートをしてくださいます。専門の指導者がいない状況ではありますが、非常に指導力のある先輩方が多く、技術向上に直結するようなとても有益な練習が行われています。また、その練習をものにするために一生懸命ともに努力することで、かけがえのない仲間ができ、互いに切磋琢磨することを通じ、全員のハンドボール技術の向上に加えて精神的な成長をすることも出来ます。練習がオフの際にはキャンプなどの多くのイベントが企画され、部のメンバーの皆で楽しい時間を過ごすことが出来ます。時折そんなリフレッシュもしつつ、支えてくれる人々に感謝の気持ちを忘れずに、今日も私たちは勝利をつかむために前進します。

活動曜日・時間 男子:月 17:00~19:00 金 19:00~21:00 土 13:30~16:30  女子:水 19:00~21:00 金 19:00~21:00 土 19:00~21:00
活動場所 医学体育館
部員数 59人
団体webサイト http://tkbihandball.web.fc2.com
団体SNSサイト

Twitter@Tkb_MedicalHand

facebook

コラム

「夏休みの活動と意気込み」

春大会も終了して、ついに夏は東日本医科学生総合体育大会(東医体)です。東医体は医学生が参加する大会として最も規模の大きい大会です。多くの医学系の部活は東医体を目標としています。去年の東医体では男子部は三位でした。今年の東医体では男子部、女子部ともに東医体での優勝を目指していきます。

夏休みの活動ですが八月の頭にある東医体に向けて7月から週に5日程度の活動、週末には他大との練習試合を行うことで、実戦力をつけていきます。学年関係なく互いにチームの力の向上のために切磋琢磨練習して八月の東医体にむかっていきます。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。