筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学ハンドボール部

私たち医学ハンドボール部は現在70名で構成され、男子部女子部ともに春と秋に行われる関東医歯薬獣大会での優勝、さらに男子部は夏に行われる東医体での優勝を目指し活動しております。またここ数年で医学群以外のプレーヤーが増え、彼らが公式戦に出場できるよう昨年から茨城県一般リーグへの参加が決まり、部全体の意識がさらに高まっています。大学からハンドボールを始めた部員が半数以上を占めていますが、指導者のいない環境の中、部員同士で積極的にコミュニケーションをとりながら、「考えるプレー」を意識して日々練習に励んでいます。普段の練習以外にキャンプやマネージャー感謝祭、納会などのイベントもあり、これらを通じて部員同士の中も深まり、学年問わず気軽にコミュニケーションがとれる良い雰囲気にもつながっています。昨年は春の大会で女子部優勝・男子部ベスト4、夏には男子部が東医体準優勝、そして秋の大会で男子部・女子部ともに優勝という結果を残すことができました。今年度も引き続き、昨年度以上の成績を残せるよう、お互いに切磋琢磨しながら練習に励んでまいります。

活動曜日・時間 男子:月 17:00~19:00 金 19:00~21:00 土 13:30~16:30  女子:水 19:00~21:00 金 19:00~21:00 土 19:00~21:00
活動場所 医学体育館
部員数 70人
団体webサイト http://tkbihandball.web.fc2.com
団体SNSサイト

Twitter@Tkb_MedicalHand

facebook

コラム

「1年の振り返りと来年への意気込み」

 

私たち医学ハンドボール部は夏に行われる東医体に向けて日々努力しています。昨年度は東医体での準優勝、秋大会での男子部・女子部アベック優勝と最高の結果を残すことができました。指導者がいない中で選手1人1人が考えながらプレーし、チームメイトと切磋琢磨しながら練習に取り組み、それが結果につながったので、チームとして充実した1年を送ることができました。

今年度は新型コロナウイルスの影響で東医体や春・秋の大会の開催が中止になり、部活としての活動も再開できていません。そのため、各個人でのトレーニングが主となっていますが、この期間を自分を見つめ直すいい機会と捉えて部員一同乗り切っていこうと思います。そして、活動が再開できた時には、今まで以上にハンドボールをできることに対する感謝を忘れずに、日々精進していきたいと思います。

2019秋大

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。