筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学バスケットボール部

私たち医学バスケットボール部は、現在総勢35名で活動しています。主に第2体育館で、週3回の練習を行っています。各2時間という少ない練習時間に対して、全員が積極的に参加しており、練習中も選手間の良い雰囲気を高めるコミュニケーションが絶えません。今年度もまた、選手だけでなくマネージャーが新たに加わり、マネージャーに支えられながら日々の練習を円滑に進められています。指導者はいませんが、幹部学年を中心に試合を意識した練習を取り入れることで、実践に活かしています。出場する主な大会として、春・秋の医学系の大会、冬に行われるつくばカップ、そして夏の東医体があります。この中でも、東医体は最も規模が大きく、東医体優勝を目標としています。今年度の東医体では、目標には大きく及ばず、ベスト16という悔しい結果に終わってしまいました。しかし、医学バスケットボール部が着実に力をつけていることは、練習や他校との練習試合、公式戦等を通して、部員の皆が感じております。次の東医体までの準備期間がこれからまた始まるわけですが、日々の努力を継続することで、掲げた東医体優勝という目標を達成できるよう、精進していきたいと思います。

活動曜日・時間 男子 月水 19:00~21:00 金 17:00~19:00  女子 火 19:00~21:00 木 17:00~19:00 土 17:30~19:30
活動場所 第2体育館
部員数 35人
団体webサイト
団体SNSサイト

Twitter(男子Twitter)

facebook(女子Twitter)

コラム

「1年の振り返りと2019年への意気込み」

この一年を振り返ってみると、8月2日より行われた、医学系の部活動において最も大きな大会といえる東日本医科学生体育大会がやはり思い出される。男子は3回戦で惜しくも敗戦し、ベスト16という悔しい結果であったが、女子は見事に準優勝をおさめ、後日行われた全日本医科学生体育大会においては、優勝という素晴らしい結果であった。

男女ともに、この大会に向けて練習してきた日々や、大会を通して浮き彫りになった課題を糧に、来年はさらに良いチームになれることを確信している。引退された上級生から、様々なことを吸収してそれらをチームに活かし、次の一年間だけでなく、これから医学バスケットボール部が長い間発展し続けることができるような土台作りをしていきたい。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。