筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学ソフトテニス部

私たち医学ソフトテニス部は、「東医体優勝」「リーグ昇格」「部活動を通じた人間的成長」を目標として日々活動しております。中学や高校の部活とは異なり、大学の部活は練習に充てられる時間が限られていますので、短い時間の中で学業と両立させながらどうスキルアップしていくか、という事も考えながら練習に励んでいます。また、スポーツをやるにあたって、もちろん技術の向上も重要なことなのですが、私たちは部の雰囲気も大事にしており、様々な行事やレク企画などを通じて先輩・後輩関係なく交流をはかっています。部の雰囲気が良くなることによって、部員同士の距離が縮まり、ひいてはペアスポーツという観点においてもよい結果をもたらすのではないかと考えています。さらに、医学ソフトテニス部には医学群生だけでなく、様々な学群・学類の学生が所属しており、決して狭いコミュニティで完結することなく、より交友関係を広げることが出来ます。そして、大会成績ですが、昨年の東医体個人戦で男女ともにベスト32に入ることが出来ました。今後は8月の東医体にむけ、より一層練習に励んでいきたいと思います。ソフトテニスに少しでも興味のある方は、ぜひ私たちの活動を見に来てください。

活動曜日・時間 月 19:00~21:00 木 17:00~21:00 土 9:00~13:00
活動場所 体芸テニスコート、北部運動公園、茎崎運動公園など
部員数 44人
団体webサイト http://www.geocities.jp/tsukuba_u_med_stennis/main/
団体SNSサイト

Twitter@med_softtennis

facebook

コラム

「夏に向けて、または夏休みの活動と意気込み」

 

私たちの部では、毎年8月に開催される東医体の前後に合宿を行っています。合宿では毎日練習や試合を行うことで、個人個人で、あるいはペアとして一段階成長することを目指します。また医学類が多い部活であるため、多くの人が部に6年間所属することになります。在学中も卒業後も重要な縦のつながりを作るものとしても、合宿は大変貴重な機会です。食事の支度や洗濯、時には観光や飲み会を通し、同期はもちろんですが、何より先輩や後輩との仲が深まります。今年度も例年通り合宿を行う予定です。暑く運動には辛い時期ではありますが、大会に向けて精一杯、そして何よりテニスを楽しんで練習していければと思います。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。