筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学ソフトテニス部

私たち医学ソフトテニス部は、「東医体優勝」「リーグ昇格」「部活動を通じた人間的成長」を目標として日々活動しております。中学や高校の部活とは異なり、大学の部活は練習に充てられる時間が限られていますので、短い時間の中で学業と両立させながらどうスキルアップしていくか、という事も考えながら練習に励んでいます。また、スポーツをやるにあたって、もちろん技術の向上も重要なことなのですが、私たちは部の雰囲気も大事にしており、様々な行事やレク企画などを通じて先輩・後輩隔たりをこえて交流をはかっています。部の雰囲気が良くなることによって、部員同士の距離が縮まり、ひいてはペアスポーツという観点においてもよい結果をもたらすのではないかと考えています。さらに、医学ソフトテニス部には医学群生だけでなく、様々な学群・学類の学生が所属しており、決して狭いコミュニティで完結することなく、より交友関係を広げることが出来ます。そして、大会成績ですが、男子部は関東個人でベスト4、女子部は東医体個人で2ペアベスト16,女子部団体が全医体出場権を獲得することが出来ました。今後は11月のリーグ戦にむけ、より一層練習に励んでいきたいと思います。ソフトテニスに少しでも興味のある方は、ぜひ私たちの活動を見に来てください。

活動曜日・時間 月 19:00~21:00 木 17:00~21:00 土 9:00~13:00
活動場所 体芸テニスコート、北部運動公園、茎崎運動公園など
部員数 44人
団体webサイト http://www.geocities.jp/tsukuba_u_med_stennis/main/
団体SNSサイト

Twitter@med_softtennis

facebook

コラム

「1年の振り返りと2019年への意気込み」

ありがたいことに今年は多くの新入生を迎え、部に新しい風が吹きました。下級生も力をつけはじめ、対外試合でもきちんと結果を残すことができるようになりました。これは部活動などを通し、切磋琢磨していけたからだと思います。来年は部を今まで牽引してくださった6年制が引退することになりますが、部に残っている部員一同がより一団となり、より部を高めていきます。男子部は苦しくも結果を残せないことが多かったですが、その分、伸びしろがあると思っています。今の自分に満足するのではなく、常に謙虚になり、悪かった点を分析し、それを正していきたいと思います。しかし、すべてを間違いと一蹴はせず、良い面は残し、伸ばしていきたいと思います。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。