筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学ソフトテニス部

私達医学ソフトテニス部は、「リーグ昇格」「部活動を通じた人間的成長」を目標として日々活動しております。大学の部活は練習時間が限られていますので、短い時間の中で学業と両立させながらどう成長していくか、という事も考えながら練習に励んでいます。また、スポーツをやるにあたって、技術の向上も重要なことなのですが、部の雰囲気も大事にしており、様々な行事やレク企画などを通じて先輩・後輩関係なく交流をはかっています。部の雰囲気が良くなることによって、部員同士の距離が縮まり、ペアスポーツという観点においてもよい結果をもたらすのではないかと考えています。更に、私達の部には医学群生だけでなく、様々な学群・学類の学生が所属しており、狭いコミュニティで完結することなく、幅広い交友関係をつくることが出来ます。また、初心者の方でも先輩が丁寧に教えてくれるのですぐに上手になることができます。最近の成績は、男子部が昨年の秋リーグ4部1位、女子部が春リーグ3部3位でした。次のリーグでもっと勝つことができるように部員一同更に精進していきたいと思っています。少しでもソフトテニスに興味がある方はぜひ一度医学ソフトテニス部に来てください。

活動曜日・時間 月 19:00~21:00 木 17:00~21:00 土 9:00~13:00
活動場所 体芸テニスコート、北部運動公園、茎崎運動公園など
部員数 25人
団体webサイト http://tsukubatennis.dokkoisho.com/
団体SNSサイト

Twitter@med_softtennis

facebook

コラム

「1年の振り返りと来年への意気込み」

新型コロナウイルスの影響を受け、4月から部活は活動自粛期間となっていたので、私たちの今年の活動はほとんどありませんでしたが、今回の経験から改めて部活動の在り方というものに向かい合うことができました。そして、嬉しいことに11月から、厳しい制限の中ではありますが部活動を再開することができるようになりました。男子部に関して言えば、昨年の秋リーグで1位となり入れ替え戦を控えた中での自粛期間となってしまいました。そのため皆再開してテニスをすることを待ち望んでいます。来年、徐々に大会も再開していくと思うので、改めて気を引き締めて男子部・女子部ともども練習に励んでいきます。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。