筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学スキー部

医学スキー部は、現在29人の部員が所属しており、各々の目標に向けて日々練習しています。医学スキー部の最大の特徴は、部のご飯会など部員1人1人が接する機会が多いこと、合宿が長いことから生まれる部員の強いつながり、アットホームな雰囲気です。スキーは全員が真剣に取り組んでおり、大会に関しては、初心者でもやる気さえあれば出場できます。医学スキー部は主に12月の国立十大学スキー選手権大会、3月の東日本医科学生総合体育大会、通称東医体に出場しています。シーズンが終わった今は冬の大会に向け筋トレ等をメインに練習しています。関東ゆえに滑走日数は少なめですが、ビデオミーティングでのコーチの的確な指導の元、同期どうしで刺激しあい、先輩が後輩を気にかけ指導し、技術向上を図っています。
先の新歓では去年に引き続き6名の新入部員を迎えることができました。今年度も部員それぞれの目標に向け、より充実した活動を目指します。

活動曜日・時間 火 19:00~20:30 金 18:00~19:00 土 9:00~11:30
活動場所 春日学園体育館(火曜日) 校内教室(金曜日) 二宮公園(土曜日)
部員数 29人
団体webサイト http://www.u.tsukuba.ac.jp/~s1611618/index.html
団体SNSサイト

Twitter@LoveSKI_TMSC

facebook@skiski.tmsc

コラム

「夏に向けて、夏休みの活動と意気込み」

医学スキー部は毎年8月に夏合宿を行っています。場所は道院高原で4泊5日に渡り、コーチによる指導の下、グレステンスキーによる練習をします。1年生にとっては初めての合宿、部活の雰囲気を本格的に感じる最初の機会でもあります。2年生以上にとっては昨シーズンを思い出しつつ冬に向けた基本動作の確認をする合宿となります。また、1年生2年生以上ともに普段よりもスキーに近い練習をすることになります。怪我に気を付け、充実したトレーニングをしてきたいと思います。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。