筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学水泳部

医学水泳部は今年度も多くの新入生を迎え、賑やかに活動しています。8月には東日本医科学生総合体育大会、関東甲信越大学体育大会に参加し、数多くの種目で入賞を果たしました。東日本医科学生総合体育大会では女子総合4位、関東甲信越大学総合体育大会では女子総合優勝、男子2位に入賞することができました。医学水泳部には、上記のように大会で入賞する人から、ただ泳ぐのを楽しみたい人、あるいは体力づくりや健康のために大学から水泳を始めたという人まで、様々な泳力の人がいます。そのため日々の練習では一つのメニューを基本として、各自が自分の目標や泳力に応じて距離や速さを変えながら自分のペースで泳いでいます。お互いに切磋琢磨しながら成長しており、水泳経験豊富な人による初心者指導やアドバイスで、泳ぎが上達した部員はたくさんいます。また、部活に対するお互いの考え方の違いを認め合い、尊重して活動していることも医学水泳部の特徴です。練習や大会だけでなく、他大学との交流やコンパ、旅行等も楽しみながら、それぞれの目標に向かって努力しています。昨年度を上回る成績を残せるよう、部員一同頑張っていきます。v

活動曜日・時間 月 6:30~8:00 水 19:45~21:00 土 19:00~21:00 日 10:00~12:00 (※夏季休業中や冬季などは練習日程を変更することがあります)
活動場所 筑波大学屋内プールほか
部員数 101人
団体webサイト http://kassuikai.hungry.jp/
団体SNSサイト

Twitter@tkb_isui_bot_

facebook

コラム

「1年の振り返りと2019年への意気込み」

医学水泳部では今年、夏の大きな大会である東日本医科学生総合体育大会で女子総合4位、関東甲信越大学体育大会で男子総合2位、女子総合優勝2連覇という成績を残すことができました。練習では初心者を対象にした初心者指導を行ったり、泳ぎの上達を目的としてスタイル練習(バタフライ・背泳ぎ・平泳ぎ・クロールそれぞれの種目を集中的に練習すること)を行ったりして、泳力の向上に努めています。また、夏の間は練習の回数を増やし、夏の大会に向けてよりトレーニングを積んでいます。来年度もより良い成績を残せるようにこれからもしっかりとした練習をして、日々の活動で培った仲間との絆を糧に、夏の大会で良い結果を残していきたいです。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。