筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学準硬式野球部

こんにちは。医学準硬式野球部です。私たち医学準硬式野球部は医学類、医療科学類、看護学類の生徒から構成され、プレーヤー、マネージャー合わせて35人で活動しています。活動日は基本的には火曜日、木曜日、土曜日ですが、それに加えて練習試合や自主練、筋トレなども行い、日々野球が上手くなるように努力しています。
4月から現在に至るまで新型コロナウイルスの影響により全体での活動は自粛しており、各々の家で素振りやトレーニングをしていつ再開してもいいように個々の能力を磨いています。

医学準硬式野球部の一番の目標は東日本医科学生体育大会(東医体)で優勝することです。東医体は東日本の医学部全てが参加する大会で、年に一回夏に開かれます。本年度の東医体は我々筑波大学が主幹を務める予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で大会自体が中止となってしまいました。それ以外には医学準硬式野球部は北関東大学準硬式野球リーグの東地区(春季・秋季)に所属しています。こちらも新型コロナウイルス感染拡大をうけて春季リーグは開催されず、秋季リーグも参加辞退という形になってしまいました。来年度の春季リーグに向けて日々準備をしていきます。さらに、例年春には関東地区大学準硬式野球選手権大会という規模の大きな大会にも参加していて、次回大会に参加できることになったときに向けて一戦必勝を目指して個々で研鑽を積んでいます。

以上が医学準硬式野球部についての紹介です。先輩たちが根気よく指導をしてくれる、仲が良く雰囲気も良い部活ですので、新入生の皆さんの入部を心よりお待ちしております。

活動曜日・時間 火曜;6時〜8時、木曜;18時〜21時、土曜;9時〜12時
活動場所 火曜、木曜;大学グラウンド、土曜;外部球場
部員数 35人
団体webサイト https://tsukuba-medicalbaseballclub.jimdofree.com
団体SNSサイト

Twitter@298_m_baseball

facebook医学準硬式野球部

コラム

「一年の振り返りと来年への意気込み」

今年の一年を振り返るとはいってもこの一年はほとんどが新型コロナウイルスの感染拡大のために活動らしいことはほとんど何もできなかった。3月に行われた関東地区大学準硬式野球選手権大会の出場を最後に活動を休止したまま半年以上練習すらすることができなかった。

あと少ししたら活動が再開できるといわれていて、そうなったら次回の選手権大会にも出場することができるだろう。この長い間練習ができなかった間に試合の感覚などは明らかに鈍っているだろう。しかし、練習がいつ再開されてもいいように個人個人で体力技術力ともに普通に活動できていたころよりも増して磨いてきた。活動再開が遅くなったことを言い訳にしないように選手権大会での勝利、そしてその先の東医体での優勝を目指して突き進んでいきます。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。