筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学準硬式野球部

こんにちは。医学準硬式野球部です。私たち医学準硬式野球部は50年近くの歴史を持ち、現在は医学類、医療科学類、看護学類の生徒から構成され、プレーヤー、マネージャー合わせて45人で活動しています。活動日は基本的には火曜日、木曜日、土曜日ですが、それに加えて練習試合や自主練、筋トレなども行い、日々野球が上手くなるように努力しています。
医学準硬式野球部の一番の目標は東日本医科学生体育大会で優勝することです。東日本医科学生体育大会は東日本の医学部全てが参加する大会で、年に一回夏に開かれます。今年度は16年ぶりに第3位になることができました!これに慢心することなく来年こそは優勝をつかみとりたいと思います。また、それ以外に医学準硬式野球部は北関東大学準硬式野球リーグの東地区(春季・秋季)に所属していて、春季3位、秋季6位という結果でした。さらに、春には関東地区大学準硬式野球選手権大会という非常に大きな大会にも参加していて、今年度は4回戦敗退ベスト16という結果でした。来年度は4回戦突破を目指しています。
以上が医学準硬式野球部についての紹介です。先輩たちが根気よく指導をしてくれる、仲が良く雰囲気も良い部活ですので、新入生の皆さんの入部をお待ちしております。

活動曜日・時間 火 6:00~8:00(時間の変更あり) 木 18:30~21:00 土 8:00~13:00(時間の変更あり) 日 試合があるときのみ
活動場所 大学球場、 近隣の球場
部員数 38人
団体webサイト https://tsukuba-medicalbaseballclub.jimdo.com/
団体SNSサイト

Twitter@298_m_baseball 

facebook医学準硬式野球部

コラム

「1年の振り返りと2019年への意気込み」

今年度の活動で我々の今後への希望となったのはなんと言っても東医体で第3位を取ったことであろう。実に16年ぶりのメダルだそうだ。このような経験を出来たことを嬉しく思うし、誇りに思う。しかし、この結果に慢心するつもりは全くない。なぜなら我々の最終目標は東医体で優勝することだからである。今までは遠くに霞んでいた目標が、今年の東医体で一気に、鮮明に部員たちの前に現れた。このことによって一人一人の優勝したいという気持ちがさらに高まったような気がする。
だが、優勝への道のりは消して簡単なものではないだろう。主力のほとんどが5年生で、一緒に野球をできる期間はそう長くない。下級生の奮起が求められる1年になる。偉大な先輩の背中に手が届くよう必死に努力しようと思う。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。