筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

医学剣道部

私たち医学剣道部は、稽古を通して剣道の技術の向上だけでなく、精神面の向上も目標に週2回の稽古を中心に活動しています。この部活動の特徴は「医学剣道部」という名前でありながら、医学群以外の様々な学類の部員が所属しており、剣道歴や出身も様々でいろんな価値観の人と交わることができることです。だからと言って、協調性が欠けているわけではなく、むしろ部員同士の仲が良いことも特徴の一つです。稽古ではお互いに妥協せずに全力でぶつかるが、稽古以外の場面ではその日学校であったことを話し合う…そんな部活です。部員同士で遊びに行く機会もあり、とても良い思い出になります。

私たちは主に八月に行われる東日本医科学生大会での上位入賞を目標に活動しています。その他にも関東獣医歯薬大会や女子戦など様々な大会に参加し、それぞれが表彰台に上がれるよう、日々努力しています。剣道の稽古というものは決して楽なものではありませんが、その分共に稽古に励んだ達成感は大きいです。部活動という組織に所属できる最後のチャンスであるこの大学生活の中で、同じ部活になったという偶然を大切に、毎回の稽古で部員同士が切磋琢磨しております。

活動曜日・時間 火木 19:00~21:00 土曜日(自主練)07:00~08:30
活動場所 武道館2階剣道場、古武道場
部員数 26人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~medical_kendo/
団体SNSサイト

Twitter

facebook

コラム

「夏に向けて、または夏休みの活動と意気込み」

医学剣道部の年間の活動の中で、最も重要な大会の一つが、8月に行われる東日本医科大学体育大会(東医体)です。今年は、8月8・9日に福島県にて行われます。それに向け、部では7月に特別なメニューで練習日も増やし、朝練習を行う予定です。東医体に参加できるのは、医学類の学生のみですが、この練習には基本的に部員全員で臨みます。この部活では、医学類以外の所属の部員も多いため、この期間は、大会の出場選手だけでなく、部全体の質及び士気を高める上で、大切な機会と考えております。今年は東医体の開催時期が早く、前年よりやや朝練習の期間が短くなりますが、練習メニューを工夫し、密度の濃い練習内容に努めていきたい所存です。

 

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。