筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

陸上競技部

現在陸上競技部には245名の部員が所属しており、スタッフの方々のご指導やOB・OG会の方々のご支援のもと、インカレ男女総合優勝と魅力ある組織づくりを目標に掲げ練習しています。練習は主に陸上競技場にて、基本的には種目別ブロックに分かれて行っています。活動している選手は、下は学群1年生から上は大学院生まで、さらにOB・OGの方々も加わり、学年や種目を越えて日々切磋琢磨しています。また、陸上競技部では「一人一役」の精神の下、委員会活動など部の運営に部員全員が積極的に参加しています。このように競技力向上だけでなく、様々な活動を通して多くの経験を積める点も当競技部の魅力です。9月に行われた全日本インカレでは、女子は目標としていた総合優勝を達成し、3連覇することができました。また2011年からスタートした箱根駅伝復活プロジェクトでの努力が身を結び、昨年、26年ぶりに箱根駅伝への出場を果たしました。今年は惜しくも出場権を獲得することは出来ませんでしたが、もう1度桐の葉が箱根路を駆け抜けられるよう、チーム一丸となり練習に励んでいきます。活動もままならず苦しんだ今年度ですが、小さな努力が実を結ぶことに期待し、応援してくださる方々への感謝を忘れず、陸上競技部の新たな歴史を作るために日々奮闘いたします。

活動曜日・時間 火木16:45~、水15:15~、土日9:30~
活動場所 陸上競技場
部員数 245人
団体webサイト http://athletics.tsukubauniv.jp/
団体SNSサイト

Twitter競技部@tsukubathletics 筑波大競技部@kyougikaiTKB

facebook

コラム

「1年の振り返りと来年への意気込み」

こんにちは。陸上競技部です。今回は「1年の振り返りと来年への意気込み」ということで、少し書かせていただきます。

 

今年は誰も予期しなかった“活動自粛”という期間が訪れ、何1つとして不自由のなかった練習環境が失われ、先の見えない生活が始まりました。当初は不安も大きく果たして上手くいくのだろうかと悩むこともありました。しかし、この試行錯誤の中で様々な経験をすることが出来ました。何より、今まで仲間と共に筑波大学で活動できていたことは当たり前にあるものではなく、この恵まれた環境に日々感謝しなければならないと気づかされました。徐々に活動も再開し、普段通りの練習が取り戻されつつあります。今年の経験を無駄にはせず、来年は新たな気持ちで、チーム一同、目標に向かって精進していきます。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。