筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

ラグビー部

私たち筑波大学ラグビー部は、現在国立大学として唯一関東大学ラグビー対抗戦Aグループに所属する部として日本一を目指し活動しています。今シーズンは昨シーズンの悔しい結果をバネに、主将・大西訓平(体育4年)、副将・前田土芽(体育4年)のもと大学日本一の座を勝ち取るべく日々の活動に取り組んでいます。

他大学での部寮などの整った環境に対し、筑波大学の選手たちは食生活をはじめとする生活基盤を自ら管理しています。さらに、様々な活動を学生が主体となって行っており、その一つが部内に存在する11の委員会です。各委員会が中心となって、部全体の運営や広報、選手の体づくり、ゲーム分析、練習環境の整備などを行っています。様々な個性を持った仲間が互いに協力し、学生自身の手で部を作り上げていることが筑波大学ラグビー部の特徴です。

また部員は、推薦入試だけではなく一般入試で入部した者や浪人生、体育だけでなく様々な学群に所属する者など、実に多様な学生で構成されています。

インスタグラムアカウント: tsukuba.rugby

活動曜日・時間 火水金 17:00~19:00 土 10:00~12:00
活動場所 ラグビー場
部員数 105人
団体webサイト http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/rugby/
団体SNSサイト

Twitter@TsukubaRugby

facebook@tsukurug

コラム

「1年の振り返りと2019年への意気込み」

私たちラグビー部は今年、「GRIT〜団結・情熱・追求」のスローガンを掲げ、日本一のチームを目指しスタートを切りました。学年の垣根を取り払うことで、チーム全員が言い合える環境をつくり、よりハードな練習に取り組んできました。

春シーズンである関東大学春季大会では5戦全勝し幸先の良いスタートを切ることができました。

しかし9月からの関東大学対抗戦Aでは、ここまで1勝3敗と苦しい状況が続いています。チームでは、キャプテン大西を中心に今一度自分たちを見つめ直し、コンタクトを中心とした更に厳しい練習に取り組んでいます。

残りの3試合に勝利し、大学日本一を決める大学選手権への出場、そして優勝をねらいます。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。