筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

ラグビー部

私たち筑波大学ラグビー部は、現在国立大学として唯一関東大学ラグビー対抗戦Aグループに所属する部として日本一を目指し活動しています。今シーズンは昨シーズンの悔しい結果をバネに、主将・杉山優平(体育)、副将・鎌田慎平(体育)、石川千暁(体育)のもと大学日本一の座を勝ち取るべく日々の活動に取り組んでいます。

他大学での部員寮などの整った環境に対し、筑波大学の選手たちは食生活をはじめとする生活基盤を自らで管理しています。さらに、様々な活動を学生が主体となって行っております。その一つが部内に存在する10の委員会です。各委員会が中心となって、部全体の運営や広報、選手の体づくり、ゲーム分析、練習環境の整備などを行っています。様々な個性を持った仲間が互いに協力し、学生自身の手で部を作り上げていることが筑波大学ラグビー部の特徴です。

また部員は、推薦入試だけではなく一般入試で入部した者や浪人生、体育だけでなく様々な学群に所属する者など、実に多様な学生で構成され、それぞれが活躍しています。

インスタグラムアカウント: tsukuba.rugby

活動曜日・時間 火水金 17:00~19:00 土 10:00~12:00
活動場所 ラグビー場
部員数 105人
団体webサイト http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/rugby/
団体SNSサイト

Twitter@TsukubaRugby

facebook@tsukurug

コラム

「代替わりしての意気込み」

私たちラグビー部は、日本一のチームを目指し、キャプテンの杉山が中心としスタートを切りました。

昨シーズンのチーム大西は、関東大学対抗戦で5位という結果を残し、3年ぶりの大学選手権へ出場しました。しかし初戦の大東文化大学戦で敗れ、シーズンは終わりました。

代替わりをして、新4年生では多くのミーティングを行いました。昨シーズン自分たちに何が足りなかったのか、日本一になるには何が必要か、などについて話し合いました。衝突する場面もありましたが、最終的には全員が同じ方向を向くことができました。

現在春シーズンに向け、チーム内での競争意識を高め、チームが良い変化を起こせるようにハードな練習に取り組んでいます。
そして大学日本一を決める大学選手権での優勝をねらいます。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。