筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

男子ラクロス部

ラクロスは、スピード感あふれる試合展開と激しいコンタクトプレーにより「地上最速の格闘球技」と呼ばれています。また高度で緻密な戦術・戦略も求められ、知性や技術力、身体の強さなど、総合力の高さが重要なスポーツです。ラクロスは日本ではまだ歴史が浅く、ほぼ全ての選手が大学からラクロスを始めるため、スタートラインは皆同じで、今までの競技歴とは関係なく、努力次第で日本代表をも目指すことができます。私達、筑波大学男子ラクロス部は現在選手 34名、スタッフ3 名、コーチ2名の計39名で活動しています。2017年度は関東国公立大戦で優勝、更に目標であった関東学生リーグ戦で2年ぶりの2部昇格を果たすことができました。しかし、この結果に満足することなく、2018年度はチーム目標に「1 部入れ替え戦進出」、チームスローガンに「超」-over-を掲げました。これまでの筑波大学の歴史を自分たちの力で創り超えていくべく、日々の練習やトレーニング、組織・運営体制をより充実させています。選手・スタッフ一人一人が自ら考え成長し、チーム一丸となって2部に挑戦し、そして何よりもラクロスを楽しみ、チームや仲間を大切にして、必ず目標を達成します。

活動曜日・時間 火水 6:30~8:00 金 18:30~21:00土日 6:30~10:30
活動場所 セキショーフィールド(人工芝)・春日グラウンド(土)
部員数 39人
団体webサイト http://tsukuba-lax.com/
団体SNSサイト

Twitter@tkblax

facebook

コラム

「新入生の皆さんへ」

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。私達、男子ラクロス部は人工芝のグラウンドや自由に使えるウェイトトレーニング場など、充実した環境の中で競技力の向上に取り組んでおり、学類や競技歴が様々な選手・スタッフの仲間と共に日々活動しています。私たちの普段の練習の様子や部の雰囲気などは公式SNSやブログで随時発信しておりますので、どうぞご覧ください。新しい競技に挑戦したい、日々自分の成長を実感したい、楽しい仲間と最高の4年間を過ごしたい、そのような想いを持った新入生をラクロス部は歓迎いたします。4月はたくさんの新歓イベント・体験会を行いますので、そこで皆さんとお会いするのを楽しみにしております。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。