筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

ライフセービング部

私達は、大竹サーフライフセービングクラブに所属し、茨城県鉾田市大竹海岸で毎年監視活動を行なっています。しかし、活動は監視期間中のみに留まりません。監視活動を行うためには、レスキュー技術や体力はもちろん、その海のことを深く知る必要があり、大竹海岸のことを深く知るためにも、1年を通して大竹海岸を中心にトレーニングを行っております。また、監視期間中では、海のすぐ側に立地するクラブハウスに泊まり込み、部員はもちろん他大学の学生も含めた学生メンバー全員で宿泊生活をしています。準備・片付けを通すと2ヶ月近くに及ぶ宿泊生活は、まさに家族と一緒にいるようで、非常に濃い時間です。

わが部は1992年に設立された伝統ある部であり、わが海水浴場では、歴代の先輩方の絶え間ない努力により今年で21年連続死亡事故ゼロを達成することが出来ました。今年の夏は海水浴場の開設はありませんでしたが、来夏の無事故達成に向け真面目に、かつ楽しくトレーニングを積んでいきます!

また、ライフセービング部は新入部員を募集しています。大学から始める人の多いスポーツですので、泳げない方も大歓迎です!興味がある方は、HP、Twitter、Instagram等でも情報を発信しておりますので、是非チェックをお願いします!

活動曜日・時間 平日:1週間のうち3日、2時間ほど(不定)   土日(どちらかもしくは両日):終日
活動場所 プール 第1,2,4トレーニング場 大竹海岸
部員数 2人
団体webサイト http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/life-saving/
団体SNSサイト

Twitter@tsukuba_lsc 

facebook

コラム

「1年の振り返りと来年への意気込み」

今年は、どの部にとってもイレギュラーな年であったと思います。私たちが例年監視救助業務を行っている、茨城県鉾田市大竹海岸では今年の夏は海水浴場の開設を断念しました。ライフセーバーは、通年、夏場のパトロールに向けてトレーにングを行っています。そのため、海水浴場が開設されないことはとても残念でした。しかし、そこで活動をやめてしまうのではなく、所属している大竹サーフライフセービングクラブのzoomミーティングに毎週参加し、怪我等への応急処置方法、海水浴場のマネジメントの仕方など、この機会だからこそ学べることを学び、先輩方のノウハウを引き継げるように活動に取り組みました。これからはしっかりとコロナ対策を講じつつ、練習を再開する予定となっております。来年のパトロールに向け、真面目に、かつ楽しくトレーニングを行いたいです!

活動再開

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。