筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

フィールドホッケー部

筑波大学フィールドホッケー部は理系文系関わらず様々な部員がいます。フィールドホッケーは知名度がそれほどないので、ほとんどの人が未経験者です、しかし、週4回の練習を通して基本的な技術や戦術を身に着けることができるので、4年間を終えたころには今までやってきただけ成長を感じる機会が来るはずです。
毎年、春季と秋季に行われる関東学生ホッケーリーグに参加します、公式に戦績が残るということで、試合中の緊張感、臨場感は入試にも劣らないほどです。点が入った時の喜びは観戦しているときの10倍くらいはあると思います、試合に勝った時はぐっすり眠れます。
その試合に勝つため年2回、5日ほどの合宿を計画したり、他大学と連絡を取り交流戦をすることで試合形式に慣れるようにしたり、月1回のミーティングで練習メニュー、戦略のすり合わせを行ったりしています。

今年度は部員に練習内容をしっかりと理解してもらい、より実践で使えるような練習の取り組みに尽力しました。そのために県内の高校の指導者に指導を受けに行くことや全体のミーティングで1人1人の意見を出すなどチーム全体、1人1人が考えながらホッケーをできるように努めました。

活動曜日・時間 月・水 16:30~19:00 土・日 9:00~12:00
活動場所 多目的グラウンド(主にA面)
部員数 11人
団体webサイト https://tsukuba-field-hockey.jimdofree.com
団体SNSサイト

Twitter@tsukubahockey

facebook

コラム

「一年の振り返りと来年への意気込み」

今年度は新型コロナウイルスが蔓延した影響により我が部もリーグ戦の中止、練習休止に追い込まれた。秋リーグ開催決定後練習が再開したものの半年近くのブランクは我々が思っていた以上に大きく傍目にもわかるほど体力、技術の低下やチームプレイの粗さが目立った。そしてその様が公式戦にもおいても露呈した結果となった。現在二戦二敗であり、失点数もかなり多くなってしまっている。

まずは最終戦の勝利を目指すが、来年の目標をここに表明する。まずは春リーグでチームとしての方向性を固め、久々の勝利を目指し、秋リーグで二部昇格を果たしたい。今季経験のある選手が編入したほか、体躯のある選手の入学がありチームとしてののびしろが大きくなった。来期は組織としての練度を上げつつ個々の技術力向上を目指したい。

関東学生ホッケーリーグ

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。