筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

男子ハンドボール部

私たち筑波大学男子ハンドボール部は現在、関東学生ハンドボールリーグの一部リーグに所属し、春、秋のリーグ戦とインカレの制覇を目標に活動しています。今年度4~5月に行われた春季リーグ戦では2位となり、今後の秋季リーグやインカレに向けて更なるチーム力のアップを図っています。今年度は1~4年生まで総勢29名と充実なスタッフのもとでトレーニングを行っています。また卒業生には、日本代表として活躍する選手や海外リーグに挑戦する選手もいます。

私たちはハンドボールを通じて人々の成長と文化の発展に貢献し、自信や勇気、誇りを持って社会に出ていくことを基本理念としています。また、魅力的なハンドボールを追及し、発信することやハンドボールを科学し、新しいハンドボール観を探求、発信すること、ハンドボールの楽しさや魅力を伝え、ハンドボールの普及に貢献することをハンドボール部の使命としています。

使命を果たすために、練習試合やリーグ戦での内容を数値化しデータを部員で共有することや毎週ミーティングをして戦術の理解に努めています。さらに、つくば市内の小学生ハンドボールチームや県内、県外問わず年間を通じて多くの中学生や高校生の指導を行っています。

活動曜日・時間 月火木金 16:45~ 水 14:30~ 土 9:30~
活動場所 ハンドボール場(デコラルト)
部員数 23人
団体webサイト
団体SNSサイト

Twitter@tsukubahandball

facebook

コラム

「夏休みの活動と意気込み」

私たち男子ハンドボール部は夏休みの期間では、主に筑波ハンドボールフェスタの開催と秋季リーグに向けた強化を図っていきます。筑波ハンドボールフェスタでは、全国各地から高校生が筑波大学の多目的グラウンドに集まり、私たち男子ハンドボール部員と女子ハンドボール部員が各チームに臨時コーチとして数日間ともに練習、試合を行い、高校生たちのレベルアップやハンドボールの魅力を伝えていく活動をします。また、秋季リーグ、インカレに向けて春季リーグで不足したところを補い、チームの力を熟成させていきます。さらに、部員の中ではユース、ジュニア、U-24日本代表として日の丸を背負い、アジア、世界大会へ挑戦していきます。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。