筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

女子バレーボール部

私たち女子バレーボール部では現在、15人の部員が監督である中西先生のご指導のもと活動しています。昨シーズンは東日本インカレ・全日本インカレにおいてタイトルを獲得することができました。どうしたら勝てるのか、どうしたらもっと技術が向上するのか、どうしたらより良いチームになるのか、常に考え続けるチームや、最後までボールを追い続けるようなチームでありたいとの思いから、私たちは「追求」というスローガンを掲げました。自分のプレーの感覚やチームとしての在り方を追い求め、そして究めて更なる高みを目指します。また、私たちの特筆すべき特徴の一つとして、少人数で活動しているという点が挙げられます。他大学の強豪校では、部員数が50人を超えるチームも珍しくありません。そんな中で、多くとも20人ほどの部員である私たちは、選手層の厚さという面では劣っているといえます。しかしその分、個々のチームの一員としての責任感と技術力、学年を超えて遠慮なく意見を言い合える関係性は比類なきものだという自負があります。また、少人数の部活ならではの、練習を積み重ねていくことで、高校までの競技歴に関わらず試合で活躍するチャンスがあるという特徴もあります。これも部員数の多い強豪校では見られない、筑波特有のものといえるでしょう。様々な競技歴の部員が在籍する我が部ではそれぞれが互いに支え合い、影響を受け合いながら、日々練習に励んでいます。

活動曜日・時間 月 17:00~  火 17:00~  水 15:30~  木 17:00~  金 17:00~ 土 10:00~  日 10:00~
活動場所 球技体育館
部員数 20人
団体webサイト http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/volleyball-w/
団体SNSサイト

Twitter @tsukuba_volley

facebook

コラム

「代替わりしての意気込み」

先にも触れたとおり、昨シーズンは東日本インカレ二連覇、全日本インカレで優勝という結果を残すことができました。しかし、関東一部リーグ戦では一昨年に5季連続優勝が途切れてしまって以来、優勝からは遠のいてしまっています。まずは四月から始まる春期リーグでひとつひとつ着実に勝利を積み重ね優勝することが目下の目標です。
また、チーム運営を行う役員も引き継がれ、新しい体制がスタートしています。今年は最上学年が3人と少数なので、全員が主将・副主将・主務と最も大きな責任ある立場で運営に携っています。清掃班などの係を設置することで上級生・下級生の全員が何らかの役割を担い、チームに関わる仕事をしています。1人1人の貢献がチーム力に大きく影響する、その責任をもって取り組んでいきます。

 

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。