筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

男子バレーボール部

男子バレーボール部は、全日本インカレでの優勝することを目標にして日々の練習に精進しています。

男子バレーボール部の特徴としては、試合に出ない部員がマネージャーやトレーナーとしての役割に専任するのではなく、全員が選手としての役割を持ったうえで、他の仕事も一生懸命行うというところがあげられます。また、男子バレーボール部はプレー面だけでなく、人間として成長し、周囲の方から応援していただけるようなチーム作りを目指しています。リーグ戦においても試合だけでなく、審判等の補助役にも全力を尽くし、2016年の春・秋リーグ戦、2017年の春・秋リーグ戦の4季連続でBest of Support賞を頂き、補助役に対して高く評価されております。

2017年度の大会では目標としていた全日本インカレ優勝を成し遂げることができず、準優勝という結果に終わってしまい、とても悔しい思いをしました。2018年度こそは全日本インカレで優勝するべく、スローガンに「挑む」を掲げ、どんな強い相手にも立ち向かい、どんな状況でも自分の限界に挑戦していく強い精神を全員が持っているチームを作っていきたいと思います。

活動曜日・時間 月火木金 17:00~21:00 水 15:00~19:00 土日9:00~13:00
活動場所 球技体育館(右側)
部員数 18人
団体webサイト http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/volleyball-m
団体SNSサイト

Twitter

facebook

コラム

・新入生の皆さんへ

男子バレーボール部は、11月末に行われる全日本インカレにおいて優勝することを目標にし、常に高い意識を持って日々の練習に励んでおります。全日本インカレで優勝するためには、男子バレーボール部の長い伝統の中で培われてきた泥臭く最後まで諦めない気迫のバレーを貫いていくことが不可欠であります。練習においても、どんなに頑張っても手の届きそうもないボールでも床にボールが落ちるまで諦めずに追い続け、筑波らしい粘り強いチームを作るよう活動しています。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。