筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

卓球部

筑波大学卓球部は、インカレや全日学、全日本など全国大会での上位進出、さらには世界で活躍する選手を輩出することを目標に、日々練習に取り組んでいます。卓球部には、体育専門学群以外の学生も多く所属しています。競技力は様々ですが、各個人の目標達成に向け、意欲的に活動しています。また、主体的にチームを運営することを通じ、将来の社会のリーダーを育成することも目標のひとつです。

競技面では、今年の3月に行われた東京卓球選手権大会ダブルスの部において坪井・梅崎組(体育4年・体育3年)が優勝しました。昨年の坪井の全日学選抜優勝に引き続き、国内大会でのタイトルを獲得できたことは、私たちの部にさらなる活気をもたらしてくれました。これからの数ヶ月間は、大切な大会が目白押しなので、このような仲間の勇姿を励みとし、一戦一戦頑張ります。また、坪井は、昨年行われたタイオープンにおいて優勝、ブルガリアオープン男子シングルスにおいて3位を獲得しています。今年もワールドツアーに積極的に参戦し、上位進出を目指しています。

私たちは現状に満足せず更なる高みを目指し努力していきますので、応援よろしくお願いいたします。

活動曜日・時間 月火木金 17:15~ 水 14:30~ 土日祝 9:00~,15:00~
活動場所 第三体育館
部員数 33人
団体webサイト
団体SNSサイト

Twitter

facebook

コラム

「夏に向けて、または夏休みの活動と意気込み」

今回のコラムでは、私たち卓球部の夏季休業期間に向けての意気込みを書きたいと思います。

7月の上旬には、全日本学生卓球選手権大会(団体の部)があります。男子団体は、昨年、一昨年と2年連続で3位入賞しており、今年度は優勝できるよう、現在練習に励んでいます。

その後も、9月には秋季リーグ戦、10月には全日本学生卓球選手権大会(個人の部)など、夏季休業期間の最中だけでなく、その直後にも主要な大会があります。

夏季休業中は、私たちの部にとって、大切な強化期間であり、もっとも卓球に向き合う時間が確保できる期間です。

競技力と人間力の両方を向上させられる夏季休業期間にしたいと思います。

 

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。