筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

体操競技部

私たち体操競技部は、男女合計28人と他の強豪校に比べて人数が少ないが、数年前と比べると人数はだいぶ増えてきている。

6年前に完成した中央体育館のおかげで、暑い夏や寒い冬でも、良い環境で練習を行うことができている。

また、新しい器具が加わったことや、工夫して設備を使用することで、より満足のいく練習を行うことができ、競技力向上の大きな助けとなっている。

推薦入試で入ってきた全国レベルの選手や、一般入試で入ってきた体操競技の経験が浅い選手が入り混じっているが、みんなが互いに意識し合い、良い雰囲気で練習を行うことができている。

さて、私たちは毎年夏に行われる全日本学生体操競技選手権大会での優勝を目標として日々活動している。

今年山口で開催された全日本学生体操競技選手権大会では、男子団体4位、女子団体3位という結果となった。女子は目標としていたメダルを獲得出来たが、男子はあと一歩のところでメダルを逃してしまった。

今年の試合で自分の実力を十分に発揮できた者はその経験を活かし、悔しい思いをした者はその悔しさをバネにし、来年の全日本学生体操競技選手権大会では、さらに順位を上げるためにより一層練習に励んでいる

活動曜日・時間 月火水木金 16:30~21:00 土日 9:00~16:00
活動場所 中央体育館体操競技場
部員数 30人
団体webサイト http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/gymnastics/
団体SNSサイト

Twitter

facebook

コラム

「一年間の振り返りと来年への意気込み」

今年一年間を振り返って、まず思うのは、やはり新型コロナウイルスのことだろう。3月の終わりから自粛期間に入ったときは、こんなにも自粛期間が続くとは考えてもいなかった。部員にとってこのような長い期間競技から離れるというのは経験がなく、不安だっただろうと思う。しかしそんなコロナ渦でも先日、全日本インカレが開催された。結果は目標には届かなかったが、このような中で試合ができたことへの感謝と競技ができる喜びを感じることができた。また来年に向けて頑張っていきたい。

全日本インカレ

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。