筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

体操競技部

私たち体操競技部は、男女合計28人と他の強豪校に比べて人数が少ないが、数年前と比べると人数はだいぶ増えてきている5年前に完成した中央体育館のおかげで、暑い夏や寒い冬でも、良い環境で練習を行うことができている。また、新しい器具が加わったことや、工夫して設備を使用することで、より満足のいく練習を行うことができ、競技力向上の大きな助けとなっている。推薦入試で入ってきた全国レベルの選手や、一般入試で入ってきた体操競技の経験が浅い選手が入り混じっているが、みんなが互いに意識し合い、良い雰囲気で練習を行うことができている。

私たちは毎年夏に行われる全日本学生体操競技選手権大会での優勝を目標として日々活動している。先日行われた東日本学生体操競技選手権大会では男子団体4位、女子団体3位という結果であった。全日本インカレで男女ともにメダルを目指している選手達にとっては、満足のいく結果ではなかったかもしれない。しかし確実に上位を狙える力はついてきている。今年も8月には全日本学生体操競技選手権大会が兵庫県で行われる。部員たちは今回もメダルの獲得、さらにはその上の優勝を目指し、日々の練習に打ち込んでいる。

活動曜日・時間 月火水木金 16:30~21:00 土日 9:00~16:00
活動場所 中央体育館体操競技場
部員数 30人
団体webサイト http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/gymnastics/
団体SNSサイト

Twitter

facebook

コラム

「夏に向けて、または夏休みの活動と意気込み」

夏という季節は私たち体操競技部にとって一番大切な季節である。なぜなら1年の中で一番の目標としている全日本学生体操競技選手権が行われるからである。この大会によって大学体操界における筑波大学の位置づけが決まる。昨年の同大会が終わってから、秋、冬、春と常にこの大会を目標として練習を行ってきた。ここで結果を出さなければ今までやってきたことがすべて水の泡になるといっても過言ではない。ただ、その大舞台で実力を発揮するための練習はしっかり行ってきた。昨年の同大会では男子は団体4位、女子は団体6位という結果であった。今年は男女とも表彰台に乗ることができるよう、これから暑い夏の練習へと励んでいく。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。