筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

女子ソフトボール部

私たち女子ソフトボール部は監督・指導者がおらず、上級生が中心となって学生主体で部活動に取り組んでいます。ソフトボール部には様々な学類の学生がいるため、全員で練習できるのは週3回、授業の前の朝の時間と非常に少ないですが、その中で効率よく密度の濃い練習ができるよう工夫してきました。選手だけで目標や方針、練習メニューなどを考え、チームを運営して行くことは簡単ではありませんでしたが、目安箱を設けて部員全員が意見を出し合えるようにしたり、班制度を導入し役割を決めることで、仕事を分担したり、部員全員で力を合わせて前に進んできました。このチームで、何より大切にしていることは部員全員がソフトボールを楽しめるようにすることです。そのために、ウォーミングアップでは、マンネリ化しないように定期的にレクリエーションをいれ、上級生や経験者が初心者に教えるだけでなく、経験者同士でも互いに指摘し合うことで切磋琢磨していける環境をつくりました。また、普段の練習から厳しくも楽しい雰囲気作りを目指し、試合でもただ勝つだけではなくどこのチームよりも盛り上がり、いちばん楽しむことを目標としています。

活動曜日・時間 火木 6:30~8:00土 8:00~10:00
活動場所 春日グラウンド
部員数 女子20人
団体webサイト https://tsukuba-softball.jimdo.com/
団体SNSサイト

Twitter@tkb_softball 

facebook

コラム

「代替わりしての意気込み」

私達は、5月の関東大学ソフトボール選手権大会で4年生の先輩が引退し、新チームとなりました。新チームとなって9ヶ月が経ちましたが、新しいチームにも慣れ、春の大会に向けて日々練習を重ねています。私達は整った練習環境で練習できるわけでもなく、時間も限られているという、制約された条件のなかで活動を行っていますが、自分たちで練習メニューやスケジュールを決めたり効率的に練習できるよう工夫をしています。現在は、秋の大会での反省点を春に繋げていけるようメニュー班を中心にメニューを考え次への目標に向かって練習に打ち込んでいます。秋よりも満足のいく結果を残せるよう全力を尽くしますので応援よろしくお願いいたします。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。