筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

漕艇部

漕艇部は「大学日本一」と「競技活動を通じた社会貢献」を目標とし、競技歴の長い部員も大学から競技を始めた部員も互いに刺激し合いながら、日々練習に励んでいます。また、競技面だけでなく、大会の運営等にも力を入れており、練習でお世話になっている地域への貢献、ボート競技の普及を目的として、土浦市やつくば市の市民の方を対象としたボート大会も開催しています。

昨シーズンは第39回全日本軽量級選手権大会で女子ダブルスカルが準優勝、第44回全日本大学選手権では男子シングルスカルが準優勝と、積み上げてきた練習の成果を発揮することができました。

現在、漕艇部は新たに5人の新入部員を迎え、昨シーズン成し遂げることのできなかった全日本大学選手権での優勝に向けて、平日は霞ヶ浦で、週末は埼玉県の戸田漕艇場で、日々練習に取り組んでいます。また、7月7日(土)に開催される市民ボート大会「水郷土浦・筑波レガッタ」の準備も着々と進んでおり、より多くの人に桜川の魅力、そしてボート競技の楽しさを知ってもらえるよう、アイデアを出し合いながら進めています。

今シーズンも支えてくださる方々への感謝を忘れずに、皆で一丸となって日本一に向けて練習していきたいと思います。

活動曜日・時間 火水金土日 6:00~7:00 火木金土日 17:00~18:30
活動場所 霞ヶ浦、戸田ボートコース等
部員数 13人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~rowing/
団体SNSサイト

Twitter@tsukuba_crew

facebook筑波大学漕艇部

コラム

「夏に向けて、または夏休みの活動と意気込み」

私たちは、8月頭から9月末までの2ヶ月間、埼玉県の戸田漕艇場で夏期合宿を行います。この合宿では、毎日、朝夕の2回、合宿所の目の前のコースで練習を行います。そして、この合宿の一番の特徴は、朝昼晩の食事を部員全員で協力して作ることです。学年の垣根を越えて、皆で協力して準備をし、一つのテーブルを囲んで食べるごはんは、私たち部員の一番の楽しみであり、厳しい練習に励む私たちのエネルギーの源です。また、練習の合間にはBBQパーティーや花火大会などが開かれ、長期の合宿もモチベーションを高く保ちながら練習に励むことができています。この合宿生活で培った団結力を力に、全日本大学選手権での優勝目指して、皆で一丸となって練習に励んでいきたいと思います。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。