筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

漕艇部

漕艇部は東京教育大学時代から130年以上の歴史を持つ部活です。高校からボートをやっている部員も、大学入学後に競技を始める部員も関係なく、各々が目標設定をして、そこに向け練習に励んでいます。ボート競技は水上での練習がメインになってくるので、朝は霞ケ浦へ、週末や長期休みは埼玉県戸田市まで合宿に出かけており、共同生活から生まれる部の一体感は漕艇部の一つの特徴だと思います。また、大学でのウエイトトレーニングには専属のコーチに来てもらうなど、サポート体制も整っています。過去には全日本大学選手権での入賞や各大会でのメダル獲得など、競技成績で一定の成果を出し、卒業後も実業団チームで活躍されている先輩方もたくさんいらっしゃいますが、今シーズンは大きな結果を出すことができませんでした。来春から始まる次のシーズンでは、今年の反省を生かし、必ず結果を出せるように冬のトレーニングを頑張っていきたいと思います。また、コロナの関係で4月に新歓活動が思うようにできなかったので、これからボートの体験会等を通して少しでも仲間を増やしていきたいです。
漕艇部では競技力向上だけでなく、ボート競技の普及活動にも力をいれており、昨年も7月に土浦市民を対象にボート体験教室を開催しました。この普及活動は毎年行っており、多くのOB、OG、土浦市役所の方にもご協力いただいて、年々規模を大きくしています。

活動曜日・時間 火曜・木曜・土曜・日曜6:00~8:00 水曜・木曜・金曜・土曜18:30~20:00
活動場所 霞ヶ浦、戸田ボートコース等
部員数 男子8名、女子1名人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~rowing/
団体SNSサイト

Twitter@tsukuba_crew

facebook筑波大学漕艇部

コラム

「一年の振り返りと来年への意気込み」

今シーズンは今まで誰も経験したことのないような状況下での活動となりましたが、工夫を重ね、またたくさんのOBの方々のご支援もあり、全日本大学選手権への出場を果たすことができました。しかし、結果としては思うようにいかなかったという部員も多く、それぞれ今後への課題がはっきりした大会でもありました。今後は春からの来シーズンに向け、その課題を克服すべく、練習に励んでいきたいと思います。また、他大学のボート部に比べると少人数なため、人数の多い4人乗りや8人乗りで試合に出場することができていません。来年に向けてはぜひ部員数を増やして大艇での試合出場を目指したいと思います。

全日本大学選手権

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。