筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

準硬式野球部

私たち準硬式野球部は、野球本来の楽しさを発見し、合理的な練習や組織運営を心がけ、野球団体の「新たなモデル」となるチーム作りを目的としています。活動を通じて選手全員が主体性を持ち、意思決定を行い発信できる自立性を身に付けることを目標に、日々練習に取り組んでいます。

 

現在の新チームでは、選手とマネージャーを含めた計22人で活動しています。少ない人数ではありますが、それぞれが役割を持ち、学生が主体となってチームを運営しています。活動内容は月・水・土の週3で行っています。限られた練習時間の中で、個人の課題や技術の上達と共にチーム力の向上を方針として努めています。

 

現在私たちは、東都準硬式野球連盟の3部に所属しています。昨年度の春季・秋季リーグ戦では目標の3部優勝を果たせたものの、一番の目標であった2部昇格を惜しくも逃してしまいました。今年度行われる関東大会や春季・秋季リーグ戦では、昨年の無念を晴らすべく、より高い目標を掲げました。新たなチーム体制の中で個々の実力を発揮し、「2部優勝・関東大会ベスト4」を成し遂げられるよう気を引き締めて、精進して参ります。

活動曜日・時間 月 17:30~21:00 水曜 18:30~21:00 土 8:30~11:00
活動場所 平日 大学球場  休日 つくば市内の球場
部員数 34人
団体webサイト http://www.geocities.jp/tsukubajbc/
団体SNSサイト

Twitter@tsukubajbc 

facebook tsukubajunkou

コラム

「代替わりしての意気込み」

昨年の11月に代替わりし、2年生が主体のチームとなって早3か月が経ちました。何度も話し合いやミーティングを行い、新チームでの目的や方針が定まりました。これまでの準硬式野球部の特徴は、選手同士がプレー中での良い部分や悪い部分を指摘し合うことができ、強い絆で結ばれているところです。勿論この先変わることはありませんが、新チームではより個々の主張に注目したいと思います。学年関係なく、誰に対してでも意見や提案を伝え合い、意思決定時ではその決断の理解と気概を持てるような集団になりたいと思います。

 

これまでの野球チームの常識を疑い、今の自分たちにとってベストなチーム作りに取り組み、頑張って参りますので引き続き応援の程、宜しくお願い致します。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。