筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

女子サッカー部

昨シーズン、大学リーグにおいて2部優勝・1部昇格を果たしました。今シーズンの目標は、大学リーグはインカレ出場、関東リーグは1部昇格です。そのために「感謝」というスローガンのもと、活動しています。「感謝」には、今まで頑張ってきた自分や支えてくださった方々への感謝、未来の自分やスタッフ、支えてくれる方々に、あの時頑張って良かったな、筑波の女子サッカー部のために尽力して良かったな、と感謝されるようにという意味が込められています。簡単な試合など一つもありませんが、このスローガンのもと、目標達成に向けて選手・スタッフ一丸となり戦っています。
女子サッカー部は初心者から代表レベルの選手まで、様々なレベルの選手が所属しているのが特徴です。その中でもレベルの差や学年の垣根なく、サッカーのことやそれ以外のことまでたくさん話をしてお互いを知ろうとする雰囲気があり、とても仲が良いです。
昨年から次の対戦相手の分析をするようになり、一人ひとりが以前よりも戦術理解をしようとしています。プレーだけに留まらず、今後も良い部分は継続、悪い部分は改善し、魅力あるチーム・輝ける人を目指してより成長できるよう活動しています。

instagram  tsukuba_ws

 

活動曜日・時間 火水木 19:00~21:00 金 6:30~8:00 土日 日中もしくは試合
活動場所 筑波大学第1サッカー場、セキショウフィールド
部員数 27人
団体webサイト http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/soccer-w/
団体SNSサイト

Twitter@tsukuba_josaka 

facebook

コラム

「夏に向けて」

女子サッカーは8月下旬から関東大学リーグがスタートします。暑さが残る中、また、週に2,3試合という過密スケジュールではありますが、目標である全国大会出場に向け、全員で一丸となって戦っていきます。
また、女子サッカー部では毎年8月上旬に、全国の大学女子サッカー部を筑波の地に呼び、「つくばフェスティバル」という大会の運営をしてきました。普段は経験することができない運営側の立場を経験することができます。試合だけでなく、交流会や各種講習会なども行います。部員をはじめ、OGの方々や参加大学が非常に楽しみにしている大会です。今年から春の開催に変わりましたが、夏の暑さに負けないような良い大会になるよう、着々と準備をしています。

 

 

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。