筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

硬式庭球部

硬式庭球部は歴史ある部です。「学生主体」をモットーに、部の運営や練習メニューの組み立てなどを基本的に学生だけで行っています。その中で、個人戦では関東学生大会やインカレへの出場・上位進出を、団体戦では、男子は1部リーグ昇格、女子は王座優勝を目標に掲げ、日々練習に励んでいます。学生主体で部を運営することで、チームや個人の課題と向き合い、解決するための力を身に付けることができます。また、規則に縛られず、自由な発想で日々の練習に取り組むことで、競技力向上はもちろん、人間的にも成長できるようなチーム作りを目指しています。
4~5月にかけて行われた関東学生テニストーナメントでは、男子シングルスでの2連覇、さらに男子ダブルスとの2冠を達成し、また、男女でシングルス10名、ダブルス3ペアが予選も含めインカレ出場を決めました。10月から始まった新体制チームでの取り組みの成果が徐々に表れてきています。ここから、夏に行われる関東学生テニス選手権やインカレ、そしてリーグ戦に向けて、お互い切磋琢磨し日々の練習に取り組んでいきたいと思います。

活動曜日・時間 火木金 17:00~20:00 水 14:00~18:00,17:00~20:00 土日 9:00~12:00
活動場所 体芸テニスコート
部員数 51人
団体webサイト http://www.sports.tsukuba.ac.jp/k_tennis/link.html
団体SNSサイト

Twitter@tsukuba_tennis

facebook

コラム

「夏に向けて」

夏はリーグ戦やインカレなど、1年間の活動の目標となる大会が行われます。それに向け練習面だけでなく、他校との練習試合を多く組み、また他校選手の分析にも力を入れるなど、様々な面で工夫し活動に取り組んでいます。7月には茨城県の神栖にて、3泊4日の合宿が行われます。この合宿は、テニスだけに集中できる環境の中で個人やチームと深く向き合い、様々な課題を克服しレベルアップすることを目指して行われます。リーグ戦では、男子部は1部リーグ昇格、女子部は王座優勝を、インカレでは上位進出を目指し、これから更に気持ちを高め、活動に取り組んでいきたいと思います。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。