筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

弓道部

我々弓道部は男女ともに全国制覇を目指し、日々の稽古に取り組んでいます。

普段の練習では、先生やコーチ、上級生から指導を受けながら弓を引く「射込」と試合を想定して弓を引く「立練」を行っています。また、毎年春には合宿、夏には強化練を行っていますが、今年の夏は長野県での合宿を考えており今年はより強くなるためにたくさんの新しいことに挑戦しています。シーズン中は他大学との練習試合も盛んです。

体育会の部活ではありますが、体育専門学群の部員は学年に2,3人程度で多くの部員は他の様々な学群・学類に所属しています。

弓道部の主な試合には春季関東大会、夏の全関東、選抜、インカレ、秋季リーグと王座決定戦があります。今シーズンの春季関東大会では男女ともに準優勝の成績を収めました。

2016年度の全関東女子1回戦敗退・男子予選落ちから2017年度の全関東女子第4位・男子準優勝と、我々弓道部は確実に強くなってきていると感じています。

今弓道部は全関東、インカレに向けて高いモチベーションで毎日一生懸命練習しています。強い筑波を今年こそ取り戻します。

活動曜日・時間 火~金:17:00~20:00 土:9:00~12:00
活動場所 筑波大学蓬矢館弓道場
部員数 22人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~kyudo/
団体SNSサイト

Twitter@tsukuba_kyudo 

facebook

コラム

「1年の振り返りと2019年への意気込み」

今回のコラムのテーマが1年の振り返りと2019への意気込みということでしたが、弓道部の1年はまだ終わっていません。私たちは今、王座決定戦という大学弓道の最高峰の大会に出場するため日々練習しています。11月の初めにある決勝大会で優勝すると王座決定戦の出場権を獲得できます。久々となる男女王座出場を本気で目指しています。ですので、2019の意気込みといわれてもまだあまりピンと来ていません。2019になると、メンバーも変わり新しい弓道部になります。メンバーが変わっても強い筑波を取り戻すため、全員で切磋琢磨していきたいと思います。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。