筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

鹿島神流武道部

鹿島神流武道部とは、鹿島神宮に所縁のある古武術『鹿島神流』の稽古を通じて、伝統文化の継承と構成員一人一人の心身の鍛錬を目的として活動している団体です。通常の稽古では、木刀や袋竹刀を用いて行う剣術と、素手で行う柔術の稽古を基本に、薙刀や懐剣、杖といった様々な武具を用いた武術の稽古も行っております。当部には、一般の競技での試合に該当するものはありませんが、新入生歓迎会・学園祭などのイベント時や、他流派との友好演武大会、神社で神前に奉納する際などに演武を披露しています。部員は、古武道の楽しさや業の上達に喜びを感じながら一所懸命に日々稽古に励む一方、稽古後の食事会や休日を利用した外出など、部内での交流も盛んです。ここ数年は部員数が増加しており、より良い部活動になるよう運営面でも部員一同尽力しています。
また当部は、国内外に支部を有する「鹿島神流武道連盟」に所属する筑波大学支部としても活動していることから、東京大学や京都大学の大学支部との合同稽古を通じて、学生同士の交流も深めております。さらに毎年9月には、鹿嶋市で国内外の支部が一堂に会する連盟主催の合宿が開催され、海外の会員やOB・OGと共に汗を流し合っています。

活動曜日・時間 火 17:30~20:30 木18:00~20:00 土 12:30~16:00 平日 11:30~12:00
活動場所 第二多目的道場、古武道場、柔道場、2C東テラス、第一体育館
部員数 30人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~shinryu/index.html
団体SNSサイト

Twitter@notice_kashima

facebook

コラム

「代替わりしての意気込み」

当部では昨年の11月に代替わりをし、新執行部による運営がスタートしました。当部は数年前まで部員数が少なく、そのため運営も少人数で回していたのですが、年々少しずつ増えていき、今では十分な人数での運営が可能になりました。さらに、今年度多くの新入生が入部してくれたことで、部全体としても活気づいてきました。少人数時代を経験した当部がここまで盛り返すことが出来たのは、一重に歴代の先輩方のたゆまぬ努力のおかげと感じております。新たに発足した私達現執行部は、その積み重ねを更に頑丈なものとし、より一層部を盛り上げ発展していくことができるよう、誠心誠意努めていく所存です。

 

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。