筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

鹿島神流武道部

鹿島神流武道部とは、鹿島神宮に所縁のある古武術『鹿島神流』の稽古を通じて、伝統文化の継承と構成員一人一人の心身の錬磨を目的として活動している団体です。通常の稽古では、木刀や袋竹刀を用いて行う剣術と、素手で行う柔術の稽古を基本に、薙刀術や懐剣術、杖術といった様々な武具を用いた武術の稽古も行っております。私達の部活では、一般の競技で言うところの試合に該当するものはありませんが、新入生歓迎会や学園祭などのイベント、神社で神前に奉納する際などに演武を披露しています。各部員は稽古に取り組む中で、古武道を習う楽しさを感じたり、上手くできない悔しさを噛みしめたりしながら、一所懸命に武術の習得に励んでいます。また、稽古後の食事会や休日を利用した外出など、部内での交流も盛んです。今年は例年よりも多くの新入部員を迎え、さらに活気ある部活を作っていこうと部員一同尽力しています。

 

さらに本部活は、国内外に支部を有する「鹿島神流武道連盟」に筑波大学支部として所属しており、東京大学支部や京都大学支部との合同稽古を通じて大学支部間の交流も深めております。毎年夏季に鹿嶋市で行われる連盟主催の合宿では、これらの支部に加え、海外支部会員やOB・OGも多数参加しています。

活動曜日・時間 火 17:30~19:00 水 18:00~20:00 土 12:30~16:00 平日11:30~12:00
活動場所 第二多目的道場、古武道場、柔道場、2C東テラス、第一体育館
部員数 23人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~shinryu/index.html
団体SNSサイト

Twitter@notice_kashima

facebook

コラム

「夏に向けて、または夏休みの活動と意気込み」

鹿島神流武道部は今年度、例年より多くの新入部員を迎え、稽古場は以前にも増して活気に溢れています。部員が増えることは大変嬉しいことですが、それによって稽古の質が低下することのないよう、全員が集中して取り組む努力をしています。当部活では夏休みの間に、部内での集中稽古や他大学との合同稽古、鹿島神流武道連盟主催の合宿等の行事が予定されています。夏休みは稽古に十分な時間を確保できるため、部員一人一人の大きな飛躍が見込める時期でもあります。前述の行事を一人一人にとって有意義なものとし、貴重な機会を無駄にすることのないよう、部員一同気を引き締めつつ日々の稽古に励んでいこうと思います。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。