筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

合気道部

私たち体育会合気道部は、合気道界の主流である「合気会」という流派のもとで、40年以上の長きに渡って活動を続けてきました。現在は10名にも満たない少人数ではありますが、日々真摯に、そして皆で楽しく稽古を行っています。活動としては、週4日の稽古を主軸として、5月と11月にある年2回の大会の参加を行っています。また、今年度は部員の増加に伴い、学園祭の参加や夏合宿も行われるようになりました。

さて、合気道は、武道の中でも珍しく「戦わない武道」として知られています。相手を打ち負かすことが目的ではないため、試合というものが存在しません。自身と向き合ってひたすら技を練習することにより、心身の成長を図る武道です。合気道の技は関節などを用いて効率的に身体を使うことにより相手を制するものですので、そこに性別・年齢・体格は関係がない、というのも大きな特徴です。そして当然、技は型を覚えるだけでは終わらず、「どこをどのように動かせば、より少ない力で相手を操れるのか?」と試行錯誤をしながら自身の技術を極めていく奥深さも、魅力のひとつです。今の部員は、合気道のそういった適度な優しさと厳しさに惹かれて合気道を始めました。皆、大学から始めた人ばかりですので、少しでも合気道に興味があるという方はぜひ、武道館にいらしてください。見学・体験いつでも歓迎しています。

活動曜日・時間 月・水・金 17:50~19:30 土 10:00~12:30
活動場所 武道館一階第二多目的道場
部員数 男子4人 女子4人
団体webサイト http://aikido298.blog.fc2.com/
団体SNSサイト

Twitter@tsukuba_aikido

facebook

コラム

 

「新入生のみなさんへ」

合気道は、武道でありながら試合がないことを特徴とし、技の技術を磨くことを通して自身と向き合い、心身を鍛えることが目的の武道です。この武道は大学から始めたという人がほとんどであり、今の部員たちが始めた理由は、合気道の理念に感銘を受けたという真面目な人から、「武道には興味があるけど、痛いのはちょっと‥‥」という人や「かっこよくなりたい」という人など様々です。最初はわからないことだらけでも、穏やかな部員たちが喜んで教えますので、一緒に合気道を楽しみませんか。初心者の方も経験者の方も、少しでも興味がありましたらお気軽に武道館にいらしてください。部員一同、いつでもお待ちしています。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。