筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

アーチェリー部

新年度が始まり、男女共に新しいメンバーが加わりました。例年、未経験者の入部が多いため、先輩によるサポートが不可欠です。そのためにも先輩後輩のコミュニケーションを密にとってチームの一体感と実力を向上させていきたいと思います。今年の部の目標は、男子は1部昇格、女子は2部残留です。昨年度、男子は入れ替え戦へ出場することが出来ましたが、1部昇格は叶いませんでした。昨年度の出場選手の多くが現役で、他の部員達も力をつけ始めているので、より良い成績が残せるように部員一同頑張っていきたいと思います。リーグ戦まではまだ時間がありモチベーションを保つのが難しいですが、夏に行われる個人戦や練習試合を目指して練習を行っています。これからの時期は暑さが厳しくなってきます。暑い中での練習なので体調に気を付けながら切磋琢磨していきたいと思います。

今年度になってアーチェリー場の防矢板が新しくなりました。風雨にさらされボロボロになって大穴が開いていましたが、新しく作られたことで気持ちよく練習することが出来るようになりました。自分たちの練習場所が整えられている環境に感謝しながら、目標に向かって頑張っていきたいと思います。

活動曜日・時間 火木 18:30~21:00 土 8:30~15:00
活動場所 アーチェリー場
部員数 24人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~tuac/
団体SNSサイト

Twitter@tsukubaArchery

facebook

コラム

「夏に向けて、または夏休みの活動と意気込み」

私たちアーチェリー部の夏の活動について紹介します。7月に国公立王座、8月に個人選手権、9月には長野県にて合宿を行います。国公立王座は関東の国公立大学が一堂に会し、大学対抗の試合を行います。個人選手権はインカレにつながる試合で、個人の実力を測る良い機会となります。合宿は5泊6日行われます。山奥での合宿ということで、涼しい環境で長時間練習することが出来ます。練習以外にもリフレッシュのために近くの温泉に行ったり、花火をしたりもします。合宿を通して部員同士の仲も深まり、チームの一体感も高まります。他にも夏休み中には他校との練習試合があります。部員一同、暑さに負けず充実した夏休みを過ごしたいと思います。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。