筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。

所属団体紹介

アーチェリー部

秋学期が終わり、春休みが始まりました。昨年は練習試合や新人戦、合宿など多くのイベントがありました。1年を通じて、1年生の実力は大きく伸び、上級生も各々課題を見つけ、今春に行われるリーグ戦に向けて一層気合が入っています。非常に寒い季節になってきました。アーチェリー部は冬でも屋外で練習を行います。激しく動くスポーツではないので体は温まりません。また弓は素手で触れる部分が金属製で手がかじかんでしまうので、冬季の特に夕方からの練習は厳しいものがあります。そのため行射練習の前にランニングをして体を温めたり、筋トレなどの基礎トレーニングに重点を置いたりして練習を行っています。各部員が現在抱えている課題を攻略し、さらに実力をつけるために工夫しながら練習しています。
今年の3月下旬から4月にかけて大学対抗リーグ戦があります。私たちアーチェリー部の目標は、男子は一部昇格、女子は二部残留です。3月には他校との練習試合や合宿があります。また、リーグ戦をもって現在の3年生は引退となります。リーグ戦までの残りの日々も部員同士互いに切磋琢磨しながら、目標を達成できるように一生懸命練習をこなしていきたいと思います

活動曜日・時間 火木 18:30~21:00 土 8:30~15:00
活動場所 アーチェリー場
部員数 24人
団体webサイト http://www.stb.tsukuba.ac.jp/~tuac/
団体SNSサイト

Twitter@tsukubaArchery

facebook

コラム

「代替わりしての意気込み」

昨年、筑波大学アーチェリー部は創部60周年を迎えました。
アーチェリー部がある大学のなかでも、筑波大学アーチェリー部は最初期に創部しました。この60年の間に消えてしまった伝統なども沢山あると思いますが、練習の仕方や環境の改善などまだまだ良くなるところが多くあると感じています。良い伝統は絶やさないようにしつつ、常に新しいことに挑戦をしてアーチェリー部をより発展させていけたら良いと感じています。まもなく新歓期ですので、新入部員に多く入ってもらい、より活発で楽しくアーチェリーができる団体になれるよう努力していきたいです。そして、リーグ戦で勝利をして部の目標を達成できるようにしたいです。

学生による筑波大学体育会機関紙【筑波スポーツ】

©2016 筑波大学体育会執行委員会

筑波大学体育会は体育系課外活動団体によって構成される学生組織です。