ホーム

作成日 2019年8月3日

更新日 2020年4月17日

野生動物研究会ってどんなサークル?

宝篋山へ
宝篋山へと続く道

 筑波大学野生動物研究会(通称やどけん)は、茨城県つくば市のフィールドを中心に、哺乳類や鳥類、爬虫両生類、昆虫、クモ、多足類、扁形動物といった、多様な動物の観察や採集、飼育、標本作成等を行っています。最近は動物に限らず、変形菌や菌類、植物に興味のある部員も増えており、学群学類を問わず多くの学生が参加しています。普段は部員各々が自由に個人活動を行っていますが、春と夏に一回ずつ行われる合宿には多くの部員が参加し、普段見ることのできない南西諸島等の自然を満喫できます。生き物に興味があり、いろいろ調べてみたい、詳しくはないけれど生き物の名前を知りたい、生き物を観察しながら自然散策したい…、そんな皆様を、やどけんは歓迎します。

活動内容

やどけんでは様々な活動を行っています。
僕たちは平日・休日問わず、時には遠征をして自然を探求しています。

通常活動

宝篋山の生物調査

大学の近くにある宝篋山と言う山に毎月行って、そこに生息している生物を分類群を問わず調べていく活動です。

イベント

合宿

毎年春と夏に行っています。
通常、南西諸島に行くことが多いですが、部員でアンケートを取って行き先は決めているため、次は北海道かも??

新着情報

2020/04/14
2020年度新歓ページを掲載しました。
2020/04/13
感染症等に伴う緊急事態宣言発令下でのサークル活動について  を掲載しました。
2019/10/30
2019年度雙峰祭情報を掲載しました。
2019/04/08
ホームページを新設しました。

最新の活動報告

ナナフシモドキ

ナナフシモドキ

  ナナフシモドキRamulus mikado 分布 本州、四国、九州 南限は恐らく屋久島辺り、朝鮮半島にもいるらしい 撮影月 2020年4月 ひとこと 超普通種だが、成虫をみつけるのは難しい。4月後半から5月 […]

投稿者:

投稿日:2020年4月21日