日本産クロナガゴミムシ亜属について

投稿日 2020年7月22日

更新日 2020年7月31日

クロナガゴミムシ亜属(Subgenus Eosteropus)はナガゴミムシ属(Genus Pterostichus)に属する中型のゴミムシで、


ニッコウクロナガゴミムシ
Pterostichus (Eosteropus) creper (Tschitschérine, 1902)


オオクロナガゴミムシ
Pterostichus (Eosteropus) japonicus (Motschulsky, 1860)

↑のようにどの種も互いに姿形が似ている上、図鑑もないので同定しにくい。
この記事では2020年までに記載されているクロナガゴミムシ亜属について簡潔に紹介する。

<生息環境・採集法>
平地では河川敷や湿地の周囲など湿度が高くある程度開けたような環境に多い。山地では渓流脇や湿度の保たれた森林内の林床に見られる(経験上山の中腹以上に多い印象がある)。
夜行性で活動期は夜間のルッキングやベイトトラップなどで得られる。平地・山地の種ともに朽木や土中で越冬するので、オサムシを狙った冬場の採集でもしばしば掘り出される。

<チェックリスト>
日本産クロナガゴミムシ亜属は2020年時点で22種が記載されている。
Pterostichus (Eosteropus) abensis Morita, 2010 / スルガクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) creper (Tschitschérine, 1902) / ニッコウクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) funakoshii Morita, 2007 / クビキクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) hidanus Morita, 2010 / ヒダクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) hiramatsui Morita, 2010 / ハクサンクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) hirasawai Morita, 2010 / ヒラサワクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) imurai Morita, 2007 / トウホククロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) japonicus (Motschulsky, 1860) / オオクロナガゴミムシ
シノニム1:Pterostichus (Eosteropus) prolongatus Morawitz, 1862
シノニム2:Pterostichus (Lyperus) fuligineus Morawitz, 1862 / ニセクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) karasawai Tanaka, 1958 / ミヤマクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) kimioi Morita, 2011 / シガクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) matsunagai Morita, 2011 / シャウゾクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) mizunoyai Morita, 2007 / アカズラクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) nasuensis Morita, 2007 / ナスクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) noborui Morita, 2008 / イイデクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) ohkawai Morita, 2010 / アカイシクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) orientalis antiquus (Motschulsky, 1860) / アトマルナガゴミムシ
シノニム:Pterostichus orientalis jessoensis (Tschitscherine, 1879)

Pterostichus (Eosteropus) rengensis Morita, 2010 / レンゲクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) sakuraii Morita, 2008 / サクライクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) shimizui Morita, 2010 / オンタケクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) sudai Morita, 1991 / エチゴクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) tokui Morita, 2007 / ミヤギクロナガゴミムシ

Pterostichus (Eosteropus) yoshizawai Morita, 2010 / エナクロナガゴミムシ

<同定に役立つ資料>
図鑑はないので記載論文を拾う必要がある。幸いある程度まとまったレビューがあるのでそれらを頼りに同定できる。

1.田中和夫氏の記載及びレビュー。

日本産 Pterostichus 属ゴミムシ類の研究 (I) : Eosteropus 亜属
K. Tanaka(1958)”STUDIES ON THE GENUS PTEROSTICHUS FROM JAPAN (I) : SUBGENUS EOSTEROPUS (Carabidae, Coleoptera)”昆蟲 26(4), 215-219, 東京昆蟲學會
ミヤマクロナガゴミムシを記載。国立国会図書館デジタルコレクションで公開されている。

2.森田誠司氏の記載及びレビュー。
日本産クロナガゴミムシの研究シリーズはpart1~6まである。近年の記載は全て森田氏が行っているのでこれらの資料でほぼ全て同定できる。part5を除き全て日本甲虫学会のHPで公開されている。

S. Morita(1991)”A New Pterostichine Carabid Beetle from Niigata Prefecture, Central Japan”Elytra, Tokyo. 19(2):251-255
エチゴクロナガゴミムシの記載。

S. Morita(2007)”Notes on the Pterostichine Subgenus Eosteropus (Coleoptera, Carabidae) from Japan:Part 1. Complex of Pterostichus japonicas”Elytra, Tokyo. 35(2), 407-432
トウホククロナガゴミムシ、ミヤギクロナガゴミムシ、アカズラクロナガゴミムシ、ナスクロナガゴミムシ、クビキクロナガゴミムシの5種を記載。

S. Morita(2008)”Notes on the Pterostichine Subgenus Eosteropus (Coleoptera, Carabidae) from Japan:Part 2. A New Species from the Tohoku District, with a Note on the Cotype of Pterostichus fuligineus”Elytra, Tokyo. 36(1):205-208
イイデクロナガゴミムシを記載。

S.Morita(2008)”Notes on the Pterostichine Subgenus Eosteropus (Coleoptera, Carabidae) from Japan : Part 3. A New Species from the Tohoku District”Elytra, Tokyo. 36(2):361-364
サクライクロナガゴミムシを記載。

S. Morita(2010)”Notes on the pterostichine subgenus Eosteropus (Coleoptera, Carabidae) from Japan. Part 4. Eight new species of the creper Complex from Central Japan”Elytra, Tokyo. 38(1):105-124
ヒラサワクロナガゴミムシ、スルガクロナガゴミムシ、アカイシクロナガゴミムシ、エナクロナガゴミムシ、ヒダクロナガゴミムシ、オンタケクロナガゴミムシ、レンゲクロナガゴミムシ、ハクサンクロナガゴミムシの8種を記載。

S. Morita(2011)”Notes on the Pterostichine Subgenus Eosteropus (Coleoptera, Carabidae) from Japan:Part 5. A New Species from Central Japan”Masumushi, 83-87
シガクロナガゴミムシを記載。

S. Morita(2011)”Notes on the Pterostichine Subgenus Eosteropus (Coleoptera, Carabidae) from Japan : Part 6. A New Species from Shizuoka Prefecture”Elytra. New series 1(1), 21-26
シャウゾクロナガゴミムシを記載。